『波多野精一』の作品一覧

波多野 精一(はたの せいいち、1877年7月21日 - 1950年1月17日)は、日本の哲学史家・宗教哲学者。玉川大学第2代学長。 西田幾多郎とならぶ京都学派の立役者。早大での教え子には村岡典嗣、東大での教え子には石原謙、安倍能成、京大での教え子には田中美知太郎、小原国芳らがいる。また指導学生ではないが、波多野の京大での受講者で波多野から強い影響を受けたとされる人物に三木清がいる。 生涯 1877年(明治10年)長野県筑摩郡松本町(現・松本市)に旧松本藩士波多野敬の次男として生まれる。1882年(明治15年)父が大蔵省官吏となり、東京市麹町区飯田町に移る。 高等師範学校附属小・中学校(現・筑波大附属小、筑波大附属中・高)を経て、1893年(明治26年)第一高等中学校に入学し、1896年(明治29年)東京帝国大学文科大学に入学し、哲学科で学ぶ。1899年(明治32年)同大学を卒業する。卒業論文は「ヒュームがカントに及ぼせる影響」で、カントの『純粋理性批判』序文の解釈を試みる。大学院に進学し、ケーベル博士の指導のもとで、近世哲学を研究する。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
時と永遠時と永遠1943(昭和18)年6月25日