『石橋忍月』の作品一覧

石橋 忍月(いしばし にんげつ、慶応元年9月1日(グレゴリオ暦1865年10月20日) - 1926年(大正15年)2月1日)は日本の文芸評論家、小説家、弁護士、政治家。本名は友吉。号は萩の門、気取半之丞、福洲学人など。三男は文芸評論家の山本健吉。 明治23年(1890年)、森鴎外の「舞姫」、「うたかたの記」等をめぐり鴎外と論争し評論の地位を高めた。しかし、壮年以降は文学からはなれ、長崎県の県会議員、弁護士として活動した。 年譜 1865年(慶応元年) - 9月1日、筑後国上妻郡湯辺田村(現在の福岡県八女市黒木町)に医師(漢方医)石橋茂、フクの三男として生まれる。 1866年(慶応2年) - 上妻郡福島町(現在の八女市)の叔父で眼科医である石橋養元の養嗣子となる。 1891年(明治24年) - 7月、帝国大学法科大学(現在の東京大学)卒業。8月、内務省試補・庶務局勤務。12月、県治局勤務。 1892年(明治25年) - 11月、内務省を退官。 1893年(明治26年) - 11月、石川県金沢市に赴き北國新聞社顧問となる(~1894年12月)。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
舞姫現代日本文學大系 96 文藝評論集1973(昭和48)年7月10日
罪過論現代日本文學大系 96 文藝評論集1973(昭和48)年7月10日