『斎藤茂吉』の作品一覧

斎藤 茂吉(さいとう もきち、1882年(明治15年)5月14日 - 1953年(昭和28年)2月25日)は、日本の歌人、精神科医。伊藤左千夫門下であり、大正から昭和前期にかけてのアララギの中心人物。 長女は百合子、次女は晶子。長男は精神科医で随筆家の「モタさん」こと斎藤茂太、次男は精神科医・随筆家・小説家の「どくとるマンボウ」こと北杜夫で、随筆家の斎藤由香はこの北杜夫の娘にあたる。 1882年(明治15年)、守谷伝右衛門熊次郎の三男として、山形県南村山郡金瓶(かなかめ)村(現在の上山市金瓶)に生まれた。 守谷家には、茂吉が小学校卒業後に進学するだけの経済面の余裕が無く、茂吉は、画家になるか寺に弟子入りしようかと考えたが、東京・浅草で医院を開業するも跡継ぎのなかった同郷の医師、斎藤紀一の家に養子候補として厄介になることとなった。上京したのは15歳のときで、途中の仙台の旅館では菓子、もなかを生まれて初めて食べ、「こんなうまいものがあるのか」と思い、夜に到着した東京・上野駅では、「こんなに明るい夜があるものだろうか」と驚いたという。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
曼珠沙華日本の名随筆1 花1983(昭和58)年2月25日
日本の名随筆18 夏1984(昭和59)年4月25日
支流日本の名随筆33 水1985(昭和60)年7月25日
双葉山日本の名随筆 別巻2 相撲1991(平成3)年4月25日
ドナウ源流行日本の名随筆15 旅1983(昭和58)年9月25日
日本の名随筆27 墨1985(昭和60)年1月25日
日本の名随筆32 魚1985(昭和60)年6月25日
人麿の妻日本の名随筆61 万葉(一)1987(昭和62)年11月25日
『さびし』の伝統日本の名随筆63 万葉(三)1988(昭和63)年1月25日
リギ山上の一夜日本の名随筆72 夜1988(昭和63)年10月25日
カフエ・ミネルワ日本の名随筆 別巻3 珈琲1991(平成3)年5月25日
脱帽日本の名随筆 別巻31 留学1993(平成5)年9月25日
呉秀三先生日本の名随筆 別巻43 名医1994(平成6)年9月25日
子規と野球日本の名随筆 別巻73 野球1997(平成9)年3月25日
万葉秀歌万葉秀歌 下巻1938(昭和13)年11月20日、1948(昭和23)年1月20日第10刷改版、1954(昭和29)年1月7日第23刷改版、1968(昭和43)年12月25日第41刷改版
接吻現代日本文學大系 38 齋藤茂吉集1969(昭和44)年11月29日
釈迢空に与ふ齋藤茂吉全集 第十四卷1952(昭和27)年7月10日
釈迢空齋藤茂吉全集 第三十九卷1955(昭和30)年1月15日
結核症斎藤茂吉選集 第八巻1981(昭和56)年5月27日
島木赤彦臨終記斎藤茂吉選集 第八巻1981(昭和56)年5月27日
念珠集斎藤茂吉選集 第八巻1981(昭和56)年5月27日
仏法僧鳥斎藤茂吉選集 第八巻1981(昭和56)年5月27日
遍路斎藤茂吉選集 第八巻1981(昭和56)年5月27日
三筋町界隈斎藤茂吉随筆集1986(昭和61)年10月16日
雷談義斎藤茂吉選集 第十一巻1981(昭和56)年11月27日
三年斎藤茂吉選集 第十二巻1982(昭和57)年2月26日
斎藤茂吉選集 第十二巻1982(昭和57)年2月26日
最上川斎藤茂吉選集 第十一巻1981(昭和56)年11月27日
露伴先生斎藤茂吉選集 第十二巻1982(昭和57)年2月26日
愛国歌小観齋藤茂吉全集 第十四卷1975(昭和50)年7月18日
愛国百人一首に関連して齋藤茂吉全集 第十四卷1975(昭和50)年7月18日
愛国百人一首評釈齋藤茂吉全集 第十四卷1975(昭和50)年7月18日
遍路山の旅 大正・昭和篇2003(平成15)年11月14日
南京虫日記斎藤茂吉選集 第九巻 随筆1981年(昭和56)2月27日
日本媼斎藤茂吉選集 第九巻 随筆1981年(昭和56)2月27日
日本大地震斎藤茂吉選集 第九巻 随筆1981年(昭和56)2月27日
イーサル川斎藤茂吉選集 第九巻 随筆1981年(昭和56)2月27日
ヴエスヴイオ山斎藤茂吉選集 第九巻 随筆1981年(昭和56)2月27日