『鈴木三重吉』の作品一覧

鈴木 三重吉(すずき みえきち、1882年(明治15年)9月29日 - 1936年(昭和11年)6月27日)は、広島県広島市出身の小説家・児童文学者。日本の児童文化運動の父とされる。 1882年(明治15年)9月29日、広島県広島市猿楽町(現、中区紙屋町、現在エディオン広島本店 本館がある地)に、父悦二、母ふさの三男として生まれる。 1889年(明治22年)本川小学校に入学。1891年(明治24年)三重吉が9歳の時に、母ふさが亡くなる。1893年(明治26年)11歳の時に、第一高等小学校に入学。1896年(明治29年)広島県広島尋常中学校(現・広島県立広島国泰寺高等学校)に入学。1897年(明治30年)、三重吉が15歳の時に書いた『亡母を慕ふ』が、「少年倶楽部」4月号に、『天長節の記』が「小国民」9年2号に掲載される。この頃、映山という筆名で、「新声」等へも投稿していた。中学2年の時には、童話『あほう鳩』などが、「少年倶楽部」に入選している。 1901年(明治34年)、第三高等学校を経て、東京帝国大学文科大学英文学科に入学。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
ぶくぶく長々火の目小僧鈴木三重吉童話集1996(平成8)年11月18日
湖水の女鈴木三重吉童話集1996(平成8)年11月18日
黄金鳥鈴木三重吉童話集1996(平成8)年11月18日
古事記物語古事記物語1955(昭和30)年1月20日、1968(昭和43)年8月10日31版
千鳥日本文学全集18 鈴木三重吉 森田草平集1969(昭和44)年9月12日
大震火災記鈴木三重吉童話集1996(平成8)年11月18日第1刷発行
岡の家鈴木三重吉童話集1996(平成8)年11月18日第1刷
デイモンとピシアス鈴木三重吉童話集1996(平成8)年11月18日第1刷
やどなし犬鈴木三重吉童話集1996(平成8)年11月18日
星の女日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
湖水の鐘日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
ぽつぽのお手帳日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
一本足の兵隊日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
蛇つかひ日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
ざんげ日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
小犬日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
ダマスカスの賢者日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
勇士ウ※[#小書き片仮名ヲ]ルター(実話)日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
パナマ運河を開いた話日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
青い顔かけの勇士日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
乞食の子日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
かたつむり日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
村の学校(実話)日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
てがみ日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
子守つ子日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
そり(童話)日本児童文学大系 第一〇巻1978(昭和53)年11月30日
赤い鳥鈴木三重吉全集 第二巻1938(昭和13)年5月15日
女の子鈴木三重吉全集 第二巻1938(昭和13)年5月15日
胡瓜の種鈴木三重吉全集 第二巻1938(昭和13)年5月15日
金魚鈴木三重吉全集 第二巻1938(昭和13)年5月15日