『高田保』の作品一覧

高田 保(たかだ たもつ、1895年3月28日 - 1952年2月20日)は、茨城県出身の劇作家、随筆家。母方の従兄に近世文学研究者の山口剛がいる。 茨城県新治郡土浦町(現在の土浦市)の旧家に生まれる。旧制土浦中学校(現在の茨城県立土浦第一高等学校)を経て1917年に早稲田大学英文科を卒業。早稲田大学時代に宇野浩二と知り合う。 また、大学時代に創立者・大隈重信の夫人の銅像を建てるかの問題で「銅像事件」と呼ばれる騒動がおきるが、その時代を描いた尾崎士郎の小説『人生劇場・青春編』に、高田をモデルとした「吹岡早雄」という人物が登場している。 映画雑誌の記者を経て、浅草オペラの代表格「金龍館」の文芸部に入る。1922年、『案山子』で帝国劇場の戯曲懸賞に入選。このとき他の入選者に永井龍男や川口松太郎がいた。 1929年に新築地劇団に加わってプロレタリア演劇にも関わるが、1930年に検挙を受けて転向。 1933年には、大宅壮一、木村毅とともに『東京日日新聞』に、学芸部長の阿部真之助の招きで入社。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
恋文日本の名随筆 別巻36 恋文1994(平成6)年2月25日
貸家を探す話日本の名随筆 別巻24 引越1993(平成5)年2月25日
烈婦日本の名随筆 別巻53 川柳1995(平成7)年7月25日