『藤井貞和』の作品一覧

藤井 貞和(ふじい さだかず、1942年4月27日 - )は日本の詩人、日本文学者。立正大学文学部文学科(日本語日本文学専攻コース)元教授(東京大学名誉教授) 博士(文学)(東京大学、1992年)。 東京生まれ。父は折口信夫門下の歴史学者で國學院大學名誉教授の藤井貞文。姉は歌人の藤井常世(名付け親は折口信夫)。1972年、『源氏物語の始原と現在』で注目される。2001年、『源氏物語論』で角川源義賞受賞。詩人として、1999年『「静かの海」石、その韻き』で第40回晩翠賞受賞、2002年『ことばのつえ、ことばのつえ』で藤村記念歴程賞と高見順賞受賞。2006年、『神の子犬』で現代詩花椿賞と現代詩人賞を受賞。2007年『甦る詩学』で伊波普猷賞、2008年『言葉と戦争』で日本詩人クラブ詩界賞受賞。2012年『春楡の木』で第3回鮎川信夫賞、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。 1991年、湾岸戦争の際の『鳩よ!』の戦争詩特集を批判した瀬尾育生と論争をおこなった。   1966年 東京大学文学部卒業 1972年 東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専門課程博士課程単位取得満期退学 1972年 共立女子短期大学専任講師 1975年 共立女子短期大学助教授 1979年 東京学芸大学助教授 1992年 東京学芸大学教授、「物語文学成立史」で東大文学博士。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
民族詩学
日本の詩はどこにあるか・続ピューリファイ、ピューリファイ!1990(平成2)年7月30日