『水野仙子』の作品一覧

水野 仙子(みずの せんこ、1888年(明治21年)12月3日 - 1919年(大正8年)5月31日)は、日本の小説家。本名、服部テイ。筆名、服部水仙、服部貞子、服部水仙子、水野仙など。 生涯 服部直太郎とセイとの二男三女の末子として、福島県岩瀬郡須賀川町(現・須賀川市)に生まれた。燃料などを商う旧家だった。 1903年(明治36年)(15歳)、須賀川尋常高等小学校(現・須賀川市立第一小学校)を最優秀の成績で卒業し、須賀川裁縫専修学校に入った頃から、『少女界』誌に投稿した。長兄の歌人躬治(もとはる)が選者でいた。卒業後裁縫女塾へ通い、1905年から、河井酔茗の『女子文壇』誌に投稿し入選した。投稿仲間の愛称は『お貞さん』だった。1908年からは『女子文壇』に、全投書の掲載を約束された。 1909年(明治42年)(21歳)、『文章世界』誌に発表した『徒労』が編集主任の田山花袋に激賞されて上京し、田山家に寄寓して内弟子となった。そして、翌年の『お波』(中央公論2月号)、『娘』(同11月号)あたりで、投稿少女から一人立ちの作家となった。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
叢書『青踏』の女たち 第10巻『水野仙子集』1986(昭和61)年4月25日復刻版第1刷
輝ける朝叢書『青踏』の女たち 第10巻『水野仙子集』1986(昭和61)年4月25日復刻版第1刷
神楽阪の半襟明治文學全集 82 明治女流文學集(二)1965(昭和40)年12月10日
道(――ある妻の手紙――)叢書『青踏』の女たち 第10巻『水野仙子集』1986(昭和61)年4月25日復刻版第1刷
叢書『青踏』の女たち 第10巻『水野仙子集』1986(昭和61)年4月25日復刻版第1刷
四十余日明治文學全集 82 明治女流文學集(二)1965(昭和40)年12月10日
白い雌鷄の行方叢書『青踏』の女たち 第10巻『水野仙子集』1986(昭和61)年4月25日復刻版第1刷
嘘をつく日現代日本文學全集 85 大正小説集1957(昭和32)年12月20日
淑女画報 大正四年九月号1915(大正4)年9月
散歩水野仙子 四篇2000(平成12)年11月30日
脱殻水野仙子 四篇2000(平成12)年11月30日
冬を迎へようとして新潮 1914(大正3)年12月号1914(大正3)年12月1日
酔ひたる商人水野仙子集 叢書『青鞜の女たち』第10巻1986(昭和61)年4月25日復刻版
夜の浪水野仙子集 叢書『青鞜の女たち』第10巻1986(昭和61)年4月25日復刻版
犬の威厳水野仙子集 叢書『青鞜の女たち』第10巻1986(昭和61)年4月25日復刻版
日の光を浴びて讀賣新聞1919(大正8)年2月6日、7日、9日