『文部省』の作品一覧

『文部科学省』より : 文部省(もんぶしょう、英語: Ministry of Education, Science and Culture)は、かつて存在した日本の行政機関の1つで、教育、文化、学術などを担当していた。2001年(平成13年)の中央省庁再編にともない、総理府の外局であった科学技術庁と統合し文部科学省となった。日本以外の国で教育行政を担当する官庁は、文部省と訳されることがある。(教育省を参照) 文部省は、明治4年7月18日(1871年9月2日)、「大学ヲ廃シ文部省ヲ置ク」(明治4年7月18日太政官布告)により設置された省である。2001年(平成13年)の中央省庁再編で、科学技術庁と統合して文部科学省が新設されたため、文部省は廃止された。 戦前まで、旧内務省が各道府県学務部を統轄していたが、1952年(昭和27年)に、義務教育費国庫負担法成立に伴い、教員給与の3分の1を国が負担することで、次いで1956年(昭和31年)に、地方教育行政の組織及び運営に関する法律成立に伴い、教育委員会委員の任命権を国が動かすことができるようになったため、小・中・高等学校の監督権を獲得してきた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
あたらしい憲法のはなしあたらしい憲法のはなし1972年11月3日