『仁科芳雄』の作品一覧

仁科 芳雄(にしな よしお、1890年(明治23年)12月6日 - 1951年(昭和26年)1月10日)は、日本の物理学者である。岡山県浅口郡里庄町浜中の出身。日本に量子力学の拠点を作ることに尽くし、宇宙線関係、加速器関係の研究で業績をあげた。日本の現代物理学の父である。 死去から4年後の1955年、原子物理学とその応用分野の振興を目的として仁科記念財団が設立された。この財団では毎年、原子物理学とその応用に関して著しい業績を上げた研究者に仁科記念賞を授与している。 生涯 誕生から学生時代 1890年12月6日、岡山県浅口郡里庄町浜中で父・仁科存生と母・津禰の四男として生まれる。3人の兄と4人の姉、1人の弟がいた。子供の頃は羊羹好きで、夜中に起きて母の津禰に作らせていたと言う。新庄尋常小学校、生石高等小学校を経て1905年、岡山中学校に入学。在学中はテニス部に所属し、5年次には主将も務めた。1910年に首席で同校を卒業、無試験で旧制第六高等学校の工科に合格し、9月に入学した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
NIELS BOHR岩波講座物理學Ⅰ.B. 學者傳記1940(昭和15)年10月28日
株式会社科学研究所の使命 自然 300号記念増刊 総収録 仁科芳雄・湯川秀樹・朝永振一郎・坂田昌一1971(昭和46)年3月20日
国際学術会議への旅自然 300号記念増刊 総収録 仁科芳雄・湯川秀樹・朝永振一郎・坂田昌一1971(昭和46)年3月20日
国民の人格向上と科学技術 自然 300号記念増刊 総収録 仁科芳雄・湯川秀樹・朝永振一郎・坂田昌一1971(昭和46)年3月20日
日本再建と科学自然 300号記念増刊 総収録 仁科芳雄・湯川秀樹・朝永振一郎・坂田昌一1971(昭和46)年3月20日
ユネスコと科学自然 300号記念増刊 総収録 仁科芳雄・湯川秀樹・朝永振一郎・坂田昌一1971(昭和46)年3月20日