『高村光太郎』の作品一覧

高村 光太郎(たかむら こうたろう、1883年(明治16年)3月13日 - 1956年(昭和31年)4月2日)は、日本の詩人・彫刻家。東京府東京市下谷区下谷西町三番地(現在の東京都台東区東上野一丁目)出身。本名は光太郎と書いて「みつたろう」と読む。 日本を代表する彫刻家であり、画家でもあったが、今日にあって『道程』、『智恵子抄』等の詩集が著名で、教科書にも多く作品が掲載されており、日本文学史上、近現代を代表する詩人として位置づけられる。著作には評論や随筆、短歌もある。能書家としても知られる。弟は鋳金家の高村豊周。甥は写真家の高村規で、父である高村光雲等の作品鑑定も多くしている。 生涯 1883年(明治16年)に彫刻家の高村光雲の長男として生まれ、練塀小学校(現在の台東区立平成小学校)に入学。1896年(明治29年)3月、下谷高等小学校卒業。同年4月、共立美術学館予備科に学期の途中から入学し、翌年8月、共立美術学館予備科卒業。 1897年(明治30年)9月、東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)彫刻科に入学。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
山の秋昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
山の春昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
山の雪昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
回想録昭和文学全集 第4巻1989(平成元)年4月1日
(私はさきごろ)昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
九代目団十郎の首昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
黄山谷について昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
小刀の味昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
詩について語らず(――編集子への手紙――)昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
触覚の世界昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
書について昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
自作肖像漫談昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
自分と詩との関係昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
蝉の美と造型昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
啄木と賢治昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
智恵子の半生昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
人の首昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
美術学校時代昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
美の日本的源泉昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
ヒウザン会とパンの会昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
ミケランジェロの彫刻写真に題す昭和文学全集第4巻1989(平成元)年4月1日
開墾日本の名随筆 別巻14 園芸1992(平成4)年4月25日
木彫ウソを作った時日本の名随筆2 鳥1983(昭和58)年4月25日
気仙沼日本の名随筆79 港1989(平成元)年5月25日
珈琲店より日本の名随筆 別巻3 珈琲1991(平成3)年5月25日
装幀について日本の名随筆 別巻87 装丁1998(平成10)年5月25日
智恵子の紙絵日本の名随筆68 紙1988(昭和63)年6月25日
能の彫刻美日本の名随筆87 能1990(平成2)年1月25日
緑色の太陽日本の名随筆7 色1983(昭和58)年5月25日
智恵子抄智恵子抄1956(昭和31)年7月15日、1967(昭和42)年12月15日43刷改版