『石川三四郎』の作品一覧

石川 三四郎(いしかわ さんしろう、1876年5月23日 - 1956年11月28日)は、日本の社会運動家・アナキスト・作家。筆名の「旭山」も使用する。 埼玉県児玉郡山王堂村(現在の埼玉県本庄市山王堂)に、戸長であった五十嵐九十郎・シゲの三男として生まれる。生家は、利根川沿岸で江戸時代から船着き問屋を営み、名主も務めてきた家であった。徴兵を逃れるため、同村の石川半三郎の養子となった。 東京法学院(中央大学の前身校)に在学中、海老名弾正の本郷教会(現在の弓町本郷教会)に通ってキリスト教に接近し、卒業のころに受洗する。 1901年に東京法学院を卒業、弁護士試験と高等文官試験に失敗し、堺利彦と花井卓蔵の斡旋で『万朝報』の発行所である朝報社に入社する。堺と幸徳秋水が1903年11月に平民社を開業するとこれに合流し、非戦論と社会主義を主張して週刊『平民新聞』、『直言』に多くの論説を発表する。平民社の解散以後、木下尚江の誘いを受けキリスト教社会主義の立場を採る『新紀元』を創刊する。この時期、田中正造と行動を共にし、足尾銅山鉱毒事件に取り組む。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
馬鈴薯からトマト迄石川三四郎著作集第二巻1977(昭和52)年11月25日
農民自治の理論と実際石川三四郎著作集第二巻1977(昭和52)年11月25日
百姓日記石川三四郎著作集第二巻1977(昭和52)年11月25日
土民生活石川三四郎著作集第二巻1977(昭和52)年11月25日
日本現代文學全集 32 社會主義文學集1963(昭和38)年12月19日
社会的分業論石川三四郎著作集第三巻1978(昭和53)年8月10日
農本主義と土民思想石川三四郎著作集第三巻1978(昭和53)年8月10日
半農生活者の群に入るまで石川三四郎著作集第三巻1978(昭和53)年8月10日
吾等の使命石川三四郎著作集第二巻1977(昭和52)年11月25日
蒼馬を見たり(01 序)蒼馬を見たり 2002(平成14)年11月25日