『長塚節』の作品一覧

長塚 節(ながつか たかし、1879年(明治12年)4月3日 - 1915年(大正4年)2月8日)は、歌人、小説家。 1879年(明治12年)4月3日、茨城県岡田郡国生村(現・常総市国生(こっしょう))の豪農の家に生まれた。1893年(明治26年)4月茨城中学校(後の茨城県立水戸中学校、現茨城県立水戸第一高等学校)に首席で入学し、4年進級までしたが脳神経衰弱を発症して学業継続困難となり、官立茨城師範学校卒業。、郷里に戻って自然に親しみ読書する生活を送りながら療養に努めるなかで、さまざまな文学への関心を高めていった。 19歳の時、家で購読していた新聞「日本」に連載された正岡子規の『歌よみに与ふる書』を読み、その写生説に激しく共感、21歳になると子規の許を直接訪ね、入門、『アララギ』の創刊に携わることになる。 子規の下ではもっぱら万葉の短歌の研究と作歌にはげんだが、子規の没後もその方向性を違えず、写生主義を継承した作風を発展させた。そのため、子規門人の間で「節こそが正岡子規の詠風の正統な後継者である」との評価が生まれた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
長塚節歌集(1 上)長塚節名作選 三1987(昭和62)年8月20日
長塚節歌集(2 中)長塚節名作選 三1987(昭和62)年8月20日
長塚節歌集(3 下)長塚節名作選三1987(昭和62)年8月20日
長塚節句集長塚節名作選三1987(昭和62)年8月20日
長塚節名作選 一1987(昭和62)年8月20日
炭焼のむすめ現代日本文学全集6 正岡子規 伊藤佐千夫 長塚節集1956(昭和31年)6月15日
太十と其犬日本プロレタリア文学大系(序)1955(昭和30)年3月31日
隣室の客ふるさと文学館 第九巻【茨城】1995(平成7)年3月15日
しらくちの花花の名随筆10 十月の花1999(平成11)年9月10日
栗毛虫長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
月見の夕長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
土浦の川口長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
利根川の一夜長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
才丸行き長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
痍のあと長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
浜の冬長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
鉛筆日抄長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
弥彦山長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
菠薐草長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
佐渡が島長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
白甜瓜長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
松虫草長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
旅の日記長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
菜の花長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
白瓜と青瓜長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
対州厳原港にて長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
壱岐国勝本にて長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
我が庭長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
十日間長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
撃剣興行長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
芋掘り長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
商機長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
おふさ長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
須磨明石長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
佐渡が島(波の上)長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
開業医長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日
教師長塚節全集 第二巻1977(昭和52)年1月31日