『伊東静雄』の作品一覧

伊東 静雄(いとう しずお、1906年(明治39年)12月10日 - 1953年(昭和28年)3月12日)は日本の詩人。長崎県諫早市出身。 長崎県立大村中学(現 長崎県立大村高等学校)から、旧制佐賀高等学校(現 佐賀大学)を経て京都帝国大学文学部国文科に学んだ。 卒業後は公立学校教員(公務員)となり大阪府立住吉中学校(現 大阪府立住吉高等学校)教諭となった。終戦後は大阪府立阿倍野高等学校に転勤。詩作活動に耽る傍ら、地方公務員の教員としても勤務するという「二足の草鞋」となり、生涯教職から離れなかった。 旧制住吉中学時代には、『古事記』を教えていたことと、その流行を追わないスタイルから「コジキ」というあだ名をつけられていた名物教師だったというエピソードが残っている。 京大在学中には、文学部教授に旧制大村中学の先輩である朝永三十郎(1965年ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎の父親)が、旧制住吉中学当時の教え子には、第三の新人の一人である小説家の庄野潤三や2008年ノーベル化学賞を受賞した下村脩がいた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
詩集夏花詩集 わがひとに与ふる哀歌2000(平成12)年2月25日
わがひとに与ふる哀歌詩集 わがひとに与ふる哀歌2000(平成12)年2月25日