『石河幹明』の作品一覧

石河 幹明(いしかわ かんめい、安政6年10月17日 (旧暦) 10月17日(1859年11月11日)-昭和18年(1943年)7月25日)は、日本の新聞記者、作家。新聞『時事新報』主筆、慶應義塾評議員。
1859年11月11日(安政6年10月17日)、水戸城下に水戸藩士・石河竹之助幹孝の三男として生まれる。水戸の自強舎で学ぶ。さらに師範学校内の中学予備校(茨城中学校)に進学する。
1881年(明治14年)5月1日に慶應義塾の正則(普通部)に入塾、さらに本科(大学部)に進む。
1885年(明治18年)4月から1922年(大正11年)5月まで時事新報社に勤務する。
1923年(大正12年)6月、慶應義塾評議委員会の委託により『福澤諭吉伝』全4巻を執筆開始。9月、「福澤先生伝記編纂所」を開設。
1925年(大正14年)12月から1926年(昭和元年)にかけて『福澤全集』を刊行。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
瘠我慢の説(01 序)明治十年丁丑公論・瘠我慢の説1985(昭和60)年3月10日
瘠我慢の説(04 瘠我慢の説に対する評論について)明治十年丁丑公論・瘠我慢の説1985(昭和60)年3月10日