『木村芥舟』の作品一覧

木村 芥舟(きむら かいしゅう、文政13年2月5日(1830年2月27日 - 明治34年(1901年)12月9日)は、江戸幕府末期(幕末)の旗本(幕臣)。諱は喜毅(よしたけ)。 幕府海軍軍制取締、浜御殿添奉行、本丸目付、長崎海軍伝習所取締、軍艦奉行、勘定奉行等幕府の要職を歴任。咸臨丸の総督を務め、明治維新後は完全に隠居し、福澤諭吉と交遊を重ねて詩文三昧の生活を送った文人である。 死没の日付で正五位に叙されているが、幕末の幕閣で明治以後に位階勲等を受けた者は木村を含めて、川路聖謨(贈従四位)、岩瀬忠震(贈正五位)、池田長発(贈正五位)の4名だけである。「幕末の四舟」の1人に名を連ねることもある。(但し木村は、死後の日付での「贈位」ではなく、死去の日付での「叙位」である。) 生涯 生い立ち 7代続く浜御殿奉行の木村喜彦(よしひさ)の子として生まれる。幼名は勘助。水野忠邦に仰せつけられ、天保13年(1842年)、浜御殿奉行見習として初出仕する。12代将軍徳川家慶の寵恩により、老中・若年寄、三奉行(勘定奉行・寺社奉行・町奉行)に列して将軍家の能舞への出席を許されるなど若くして才能を嘱望される。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
瘠我慢の説(05 福沢先生を憶う)明治十年丁丑公論・瘠我慢の説1985(昭和60)年3月10日