『加藤道夫』の作品一覧

加藤 道夫(かとう みちお、1918年(大正7年)10月17日 - 1953年(昭和28年)12月22日)は、日本の劇作家。カミュやミュッセの翻訳、ジャン・ジロドゥ研究や演劇評論などでも知られ、芥川比呂志や三島由紀夫、矢代静一らと共に、岸田国士が発足した文学立体化運動「雲の会」の同人としても活躍したが、最後は自宅書斎で縊死自殺した。妻は女優の加藤治子。姪は作家の加藤幸子。 生涯 生い立ち 1918年(大正7年)10月17日、福岡県遠賀郡戸畑町(現・北九州市戸畑区)に誕生。父は鉱床学者の加藤武夫。1921年(大正10年)、道夫が3歳の時に一家は東京府世田谷区若林に移住した。道夫は1925年(大正14年)に駒沢尋常高等小学校に入学し、卒業後1931年(昭和6年)に東京府立第五中学校(現・東京都立小石川中等教育学校)に入学した。同級生には原田義人、菊池章一がいた。 1937年(昭和12年)、慶応義塾大学予科に入学。担任教授は奥野信太郎であった。文学に興味を覚えた道夫は、同人誌などに小品を書いた。校内誌の『予科会誌』に小説「銀杏の家」を投稿し、阿部知二に推薦されたこともあり、この頃に石坂洋次郎と知り合った。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
なよたけ美しい恋の物語〈ちくま文学の森1〉1988(昭和63)年2月29日