『牧野富太郎』の作品一覧

牧野 富太郎(まきの とみたろう、1862年5月22日(文久2年4月24日) - 1957年(昭和32年)1月18日)は、日本の植物学者。高知県高岡郡佐川町出身。 「日本の植物学の父」といわれ、多数の新種を発見し命名も行った近代植物分類学の権威である。その研究成果は50万点もの標本や観察記録、そして『牧野日本植物図鑑』に代表される多数の著作として残っている。小学校中退でありながら理学博士の学位も得て、生まれた日は「植物学の日」に制定された。 生涯 1862年(文久2年)、土佐国佐川村(現、高知県高岡郡佐川町)の、近隣から「佐川の岸屋」と呼ばれた商家(雑貨業)と酒造業を営む裕福な家に生まれた。幼少のころから植物に興味を示していたと伝わる。 元は「成太郎」という名であったが、2歳で父を、5歳で母を、6歳で祖父を亡くした頃、「富太郎」に改名している。その後は祖母に育てられた。 10歳より土居謙護の教える寺子屋へ通い、11歳になると郷校である名教館(めいこうかん)に入り儒学者伊藤蘭林(1815年-1895年)に学んだ。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
植物一日一題植物一日一題1998(平成10)年4月25日
植物知識植物知識1981(昭和56)年2月10日
風に飜へる梧桐の実日本の名随筆 別巻14 園芸1992(平成4)年4月25日
寒桜の話花の名随筆1 一月の花1998(平成10)年11月30日
火の玉を見たこと日本の名随筆73 火1988(昭和63)年11月25日
若き日の思い出日本の名随筆 別巻34 蒐集1993(平成5)年12月25日
アケビ花の名随筆10 十月の花1999(平成11)年9月10日
カキツバタ一家言花の名随筆6 六月の花1999(平成11)年5月10日
ムジナモ発見物語り日本の名随筆94 草1990(平成2)年8月25日
利尻山とその植物山の旅 明治・大正篇2003(平成15)年9月17日