『久保栄』の作品一覧

久保 栄(くぼ さかえ 1900年(明治33年)12月28日 - 1958年(昭和33年)3月15日)は日本の劇作家・演出家・小説家・批評家。代表作に『火山灰地』、『のぼり窯』などがある。 1900年、北海道札幌市で生まれる。野幌煉瓦工場社長、札幌商工会議所会頭を務めた久保兵太郎の次男。1903年伯父熊蔵の養子となり上京、芝区西久保八幡町に住む。1906年10月、養父母の離婚問題で札幌に預けられ、同地の小学校に入学。1910年、養父の再婚に伴い再び上京、京橋区木挽町に住む。京橋小学校時代、養母と歌舞伎見物始まる。府立一中から第一高等学校に入学する。入学前に「三人の樵夫の話」を書き、春陽堂書店の雑誌『中央文学』主催の「北村透谷賞」(選者:島崎藤村)に応募、入選して同誌に載る。一高の寮では和達知男(気象庁長官和達清夫の兄)と知り合い、親しく付き合う。後のライバル村山知義とも同寮であった。進学した東京帝国大学ではドイツ文学を専攻し、卒業とともに築地小劇場に入団、小山内薫や土方与志について演劇を学ぶ。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
小山内薫先生劇場葬公文久保 栄全集 第五巻1962(昭和37)年10月5日
熱情の人久保 栄全集 第五巻1962(昭和37)年10月5日
イプセン百年祭講演久保 栄全集 第五巻1962(昭和37)年10月5日