『木村荘八』の作品一覧

木村 荘八(きむら しょうはち、1893年(明治26年)8月21日 - 1958年(昭和33年)11月18日)は、日本の洋画家、随筆家、版画家。 生涯 牛鍋チェーン店のいろは牛肉店を創立経営した木村荘平の妾腹の八男として、東京市日本橋区吉川町両国広小路(現在の東京都中央区東日本橋)のいろは第8支店に生まれる。父の死後、浅草のいろは第10支店と京橋のいろは第3支店に移り、帳場を担当しながら兄・荘太の影響により文学や洋書に興味を持ち、小説の執筆などをして過ごす。著書『東京の風俗』所収の自伝的文章「私のこと」によると、旧制京華中学校4年生の頃から学校へはほとんど行かず、芝居見物と放蕩に熱中したという。1910年(明治43年)に同校を卒業した。 旧制中学卒業後の翌1911年(明治44年)、長兄の許可を得て白馬会葵橋洋画研究所に入学し画家を目差すこととなる。翌1912年(明治45年)、岸田劉生と知り合い親交を深め、斎藤與里の呼びかけで岸田らとともにヒュウザン会の結成に参加した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
「いろは」の五色ガラスについて東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
鏑木さん雑感東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
岸田劉生の日本画東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
銀座の柳東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
両国今昔東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
小杉放庵東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
数寄屋橋夜景東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
洲崎の印象東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
立見の金網について東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
東京の風俗東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
東京の風俗 序東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
花火の夢東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
刎橋の受け台について東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
柳橋考東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
浴衣東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
浴衣小感東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
吉原ハネ橋考東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
両国界隈東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
両国橋の欄干東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
私のこと東京の風俗1978(昭和53)年3月29日
少年の食物日本の名随筆 別巻85 少年1998(平成10)年3月25日
役者の顔日本の名随筆40 顔1986(昭和61)年2月25日
ハイカラ考日本の名随筆 別巻95 明治1999(平成11)年1月25日