『肝付兼行』の作品一覧

肝付 兼行(きもつき かねゆき、嘉永6年3月16日 (旧暦) 3月16日(1853年4月23日) - 大正11年(1922年)1月13日)は、日本の大日本帝国海軍 海軍軍人。最終階級は海軍中将。貴族院 (日本) 貴族院男爵議員、大阪市長。
特に測量の分野で活躍した。明治初め、北海道開拓使において測定分野に秀で、水路部 (日本海軍) 水路局に転じ、測量課副長、量地課長を務める。後の日本経緯度原点の基となる、港区 (東京都) 港区麻布台にあった大日本帝国海軍 海軍観象台の地点(肝付点)の緯度を測定し、初めて国内経度電信測定を実施した。その後、水路局が海軍水路部になり、測量課長に就任。第2代と第4代の水路部長も務める。柳楢悦とともに、日本物理学会 東京数学会社に参加した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
海島冒険奇譚 海底軍艦(03 序)海島冒険奇譚 海底軍艦1975(昭和50)年10月