『羽仁もと子』の作品一覧

羽仁 もと子(はに もとこ、1873年9月8日 - 1957年4月7日)は、日本で女性初のジャーナリスト。また、自由学園の創立者。 来歴・人物 本名は羽仁もと(旧姓松岡)。青森県八戸市出身。上京して、東京府立第一高等女学校に入学。 女子高等師範学校を目指すも不合格となる。 1891年「女学雑誌」の編集長である巌本善治が校長を務める明治女学校高等科に入学。明治女学校在学時には「女学雑誌」の校正を手伝い雑誌作りの基礎を学ぶ。 1892年に帰郷し尋常小学校や女学校の教員をし、結婚するが、まもなく離婚。 再度上京して、1897年に報知社(現・報知新聞社)に入社。報知新聞の校正係の職を得て、機会あるごとに自主的に書いた原稿で実力を認められて記者に登用され、日本で初めての女性ジャーナリストとなった。家庭生活の合理化を唱え、思想家としても著名である。 17歳で洗礼を受け、生涯にわたってキリスト教を信仰したが、教会に属さない無教会の立場であった。 1901年に職場で知り合った羽仁吉一と再婚、1903年に雑誌「家庭之友」の創刊に関わった。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
今、生まれしみどり児羽仁もと子選集 おさなごを発見せよ1965(昭和40)年11月1日、1995(平成7)年10月1日新刷
おさなご羽仁もと子選集 おさなごを発見せよ1965(昭和40)年11月1日、1995(平成7)年10月1日新刷
おさなごを発見せよ羽仁もと子選集 おさなごを発見せよ1965(昭和40)年11月1日、1995(平成7)年10月1日新刷
親子の愛の完成羽仁もと子選集 おさなごを発見せよ1965(昭和40)年11月1日、1995(平成7)年10月1日新刷
たましいの教育羽仁もと子選集 おさなごを発見せよ1965(昭和40)年11月1日、1995(平成7)年10月1日新刷
最も楽しい事業羽仁もと子選集 おさなごを発見せよ1965(昭和40)年11月1日、1995(平成7)年10月1日新刷