『岡田三郎助』の作品一覧

岡田 三郎助(おかだ さぶろうすけ、1869年1月22日(明治2年1月12日) - 1939年(昭和14年)9月23日)は佐賀県に生まれ、明治~昭和にかけて活躍した洋画家である。女性像を得意とし、日本的な感覚の洋画に秀作を残している。東京美術学校(現・東京藝術大学)教授。第1回文化勲章を受章。 妻・岡田八千代は小説家・劇作家で、小山内薫の妹である。 1869年 肥前佐賀藩の名家であった石尾家に生まれる。幼名は芳三郎。 1887年 岡田家の養子になり洋画家・曽山幸彦の画塾に入門、曽山の逝去後は堀江正章に学んだ。 1892年 洋風絵画専修のため大幸館に入学し、堀江正章の指導を受ける。 1893年 大幸館規定の科目を卒業。卒業制作は『矢調べ』。 1894年 久米桂一郎の紹介で黒田清輝を知る。 1896年 白馬会の創立に参加する。 1897年 第1回の文部省留学生としてフランスに留学し、ラファエル・コランに師事する。 1902年 帰国し、東京美術学校の教授に就任する。 1906年 小山内八千代と結婚。 1907年 東京勧業博覧会出品の『婦人像(某婦人の肖像)』が1等賞を受ける。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
白い蝶文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会2007(平成19)年7月10日