『山村暮鳥』の作品一覧

山村 暮鳥(やまむら ぼちょう、1884年(明治17年)1月10日 - 1924年(大正13年)12月8日)は、明治・大正期の詩人、児童文学者である。本名、土田八九十(つちだ はくじゅう)、旧姓は志村。 生涯 1884年1月10日、群馬県西群馬郡棟高村(現在の高崎市)に生まれる。 父・木暮久七、母・志村シヤウの長男。父は、西群馬郡元総社村の農家・木暮巳之吉の二男で、暮鳥が生まれた当時まだ志村家に未入籍。母方の祖父・志村庄平の二男「志村八九十」(しむらはくじゅう)として、出生届け。弟妹にアサ、リウ、仁才、雪江、涼、百合子、明石。 1889年、父・久七が祖父・庄平との確執に耐えきれず千葉県佐原町に出奔、母もその後を追って志村家を出たので、八九十は叔父・木暮作衛に預けられる。後に父母が元総社村に戻り住むに及び、引き取られ、5月1日、父・久七の養子として入籍。貧困の中で少年期を過ごす。 1899年に堤ヶ岡尋常小学校(現在の高崎市立堤ヶ岡小学校)の代用教員となる。働きながら前橋の聖マッテア教会の英語夜学校に通う。 1902年、同教会の婦人宣教師ウォールの通訳兼秘書として青森に転任。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
聖三稜玻璃山村暮鳥全集 第一巻1989(平成元)年6月9日
ちるちる・みちるちるちる・みちる 山村暮鳥童話集1974(昭和49)年5月
小川芋銭ふるさと文学館 第九巻【茨城】1995(平成7)3月15日
風は草木にささやいた(01 風は草木にささやいた)日本現代文學全集 54 千家元麿・山村暮鳥・佐藤惣之助・福士幸次郎・堀口大學集1966(昭和41)年8月19日
日本現代文學全集54 千家元麿・山村暮鳥・佐藤惣之助・福士幸次郎・堀口大學集1966(昭和41)年8月19日
雨の歌日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
海辺にて日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
葭切鳥日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
港の唄日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
筏乗り日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
稲かけ日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
百舌鳥日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
昔語り日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
田圃にて日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
おや雀日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
鰹釣り日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
春の海のうた日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
雪虫の唄日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日初刷
日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
時雨日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
冬の木木日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
手ぶくろ日本児童文学大系 第一四巻1977(昭和52)年11月20日
風景(純銀もざいく)花の名随筆3 三月の花1999(平成11)年2月10日