『豊田喜一郎』の作品一覧

豊田 喜一郎(とよだ きいちろう、1894年6月11日 - 1952年3月27日)は、日本の経営者、技術者、トヨタ自動車創業者。 トヨタ自動車工業(現・トヨタ自動車)社長(第2代)、社団法人自動車技術会会長(第2代)などを歴任した。 来歴・人物 里帰り出産のため静岡県敷知郡吉津村山口(現在の湖西市山口)で生まれ祖父母の家で育つ。3歳で父・佐吉の住む愛知県名古屋市(現・同市東区)に転居し、東区武平町や西区島崎町、栄生町の工場内に住む。のち名古屋市白壁町の家に住む。高岳尋常小学校、現・名古屋市立東桜小学校、愛知県師範学校附属小学校(現愛知教育大学附属名古屋小学校)、旧制明倫中学校(現愛知県立明和高等学校)、第二高等学校(現東北大学)甲組工科を経て、1920年東京帝国大学工学部機械工学科卒業。 卒業後、父・佐吉の意向で、経営者になるため9月から東京帝国大学法学部で1921年3月まで学んだ。その後地元の名古屋に戻った喜一郎は、豊田紡織に入社。1921年7月から1922年2月まで豊田利三郎夫妻とともにサンフランシスコ、ロンドン、オールダムなどを視察しマルセイユから上海経由で帰国した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
トヨタ電気自動車試作(――副社長豊田喜一郎氏抱負を語る――)豊田喜一郎文書集成1999(平成11)年4月15日