『和辻哲郎』の作品一覧

和辻 哲郎(わつじ てつろう、1889年3月1日 - 1960年12月26日)は、『古寺巡礼』『風土』などの著作で知られる日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。その倫理学の体系は、和辻倫理学と呼ばれる。日本倫理学会会員。 日本的な思想と西洋哲学の融合、あるいは止揚とでもいうべき境地を目指した稀有な哲学者と評価される。 主著の『倫理学』は、近代日本における独創性を備えたもっとも体系的な哲学書のひとつであると言われている。 従弟に京都市長を務めた和辻春樹(船舶工学者)がいる。長女京子は社会学者の尾高邦雄に嫁した。なお尾高の兄尾高朝雄は東大法学部を出たあと、和辻在任中の京大哲学科で学んでいる。親戚に歌手のロミ山田がいる(ロミ山田の実父が和辻と従兄弟)。和辻との共訳書もある林達夫は和辻と相婿の義兄弟である。 姫路市の主催で、和辻哲郎文化賞が、(生誕百年記念し1988年度より)毎年優れた著作に与えられている。 和辻の全蔵書は、1961年に和辻の親友で法政大学教授であった谷川徹三の仲介で法政大学に寄贈された。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
「自然」を深めよ偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
『偶像再興』序言偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
『青丘雑記』を読む和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
『劉生画集及芸術観』について和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
ある思想家の手紙偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
生きること作ること偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
院展遠望偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
院展日本画所感和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
埋もれた日本(――キリシタン渡来文化前後における日本の思想的情況――)和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
岡倉先生の思い出和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
巨椋池の蓮和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
歌集『涌井』を読む和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
茸狩り和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
樹の根偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
京の四季和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
享楽人和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
偶像崇拝の心理偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
孔子孔子1988(昭和63)年12月16日
古寺巡礼古寺巡礼1979(昭和54)年3月16日
和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
自己の肯定と否定と偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
人物埴輪の眼和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
すべての芽を培え偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
世界の変革と芸術和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
創作の心理について偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
漱石の人物和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
停車場で感じたこと偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
寺田さんに最後に逢った時和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
転向偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
藤村の個性和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
土下座和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
夏目先生の追憶和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
能面の様式和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
文楽座の人形芝居和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
松風の音和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
麦積山塑像の示唆するもの和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
面とペルソナ和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
霊的本能主義偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
露伴先生の思い出和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
アフリカの文化和辻哲郎随筆集1995(平成7)年9月18日
エレオノラ・デュウゼ偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
ベエトォフェンの面偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
「ゼエレン・キェルケゴオル」序偶像再興・面とペルソナ 和辻哲郎感想集2007(平成19)年4月10日
月夜の東大寺南大門日本の名随筆58 月1987(昭和62)年8月25日
初めて西田幾多郎の名を聞いたころ日本の名随筆 別巻92 哲学1998(平成10)年10月25日
寺田寅彦黄道1965(昭和40)年9月15日
蝸牛の角黄道1965(昭和40)年9月15日
地異印象記黄道1965(昭和40)年9月15日