『高木貞治』の作品一覧

高木 貞治(たかぎ ていじ、1875年(明治8年)4月21日 - 1960年(昭和35年)2月28日)は、日本の数学者。東京帝国大学教授。第1回フィールズ賞選考委員。文化勲章受章。 岐阜県大野郡数屋村(現・本巣市)に生まれる。岐阜尋常中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)を経て第三高等中学校(現・京都大学)へ進学し、1894年(明治27年)に卒業。 帝国大学理科大学(現在の東京大学理学部)数学科へ進み、卒業後にドイツへ3年間留学。ヒルベルトに師事し、多大な影響を受ける。 代数的整数論の研究では類体論を確立し、クロネッカーの青春の夢を解決した。 ヒルベルトの23の問題のうち、第9問題と第12問題(に関連した世界的な難問)を肯定的に解決した。 『解析概論』『初等整数論講義』『代数的整数論』など多くの数学教科書を著した。特に『解析概論』は解析学入門の名著として知られ、第一版の刊行後50年以上経ても版を重ねて広く読まれている。また『近世数学史談』などの数学の啓蒙書も著している。 2011年(平成23年)に日本国内における著作権の保護期間が満了したため、Wikisourceや青空文庫で著書の公開作業が始まっている。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
回顧と展望近世数学史談1995(平成7)年8月18日
ヒルベルト訪問記(1932年10月8日,ゲッチンゲンに於て)近世数学史談1995(平成7)年8月18日