『阿部次郎』の作品一覧

阿部 次郎(あべ じろう、1883年(明治16年)8月27日 - 1959年(昭和34年)10月20日)は、哲学者、美学者、作家。仙台市名誉市民。 生涯 1883年、山形県飽海郡上郷町(後の松山町)(現・酒田市)大字山寺に生まれる。父は教師。8人兄弟の次男。8人兄弟のうち、阿部余四男(動物学者、広島大教授)、竹岡勝也(日本史学者、九州帝大教授)、阿部六郎(ドイツ文学者、旧制成城高校・東京藝術大学教授)と、次郎を含む4人が大学の教師となる。 荘内中学(現山形県立鶴岡南高等学校)から山形中学(現山形県立山形東高等学校)へ転校。校長の方針に反発し、ストライキを起こして退学。その後上京して京北中学校へ編入。 1901年(明治34年)、第一高等学校入学。同級生に鳩山秀夫、岩波茂雄、荻原井泉水、一級下に斎藤茂吉がいた。1907年(明治40年)、東京帝国大学に入学し、ラファエル・フォン・ケーベル博士を師と仰ぐ。卒業論文「スピノーザの本体論」で哲学科を卒業。夏目漱石に師事していたこともあり、森田草平、小宮豊隆、和辻哲郎と親交を深めた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
帰来日本の名随筆 別巻94 江戸1998(平成10)年12月25日
合本三太郎の日記 序合本三太郎の日記1950(昭和25)年3月15日
三太郎の日記 第一合本三太郎の日記1950(昭和25)年3月15日
三太郎の日記 第三合本三太郎の日記1950(昭和25)年3月15日
三太郎の日記 第二合本三太郎の日記1950(昭和25)年3月15日
合本三太郎の日記の後に合本三太郎の日記1950(昭和25)年3月15日