『種田山頭火』の作品一覧

種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、戦前日本の俳人。よく山頭火と呼ばれる。自由律俳句のもっとも著名な俳人の一人。1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。本名・種田正一。 1882年(明治15年)12月3日 山口県佐波郡西佐波令村第百三十六番屋敷(現・防府市八王子二丁目十三)にて大地主・種田家の長男として生まれる。 1889年(明治22年)4月 佐波郡佐波村立松崎尋常高等小学校尋常科に入学。 1892年(明治25年、正一10歳)3月 母フサが自宅の井戸に投身自殺。享年33。以後、正一は、祖母ツルの手によって育てられる。 1896年(明治29年、14歳)4月 私立周陽学舎(三年制中学。現・山口県立防府高等学校)へ入学。学友らと文芸同人雑誌を発行。地元の句会によく顔を出していたという話もあり、正一が俳句を本格的に始めたのは明治30年前後、周陽学舎在学の頃だとみられている。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
草木塔現代日本文學大系 95 現代句集1973(昭和48)年9月25日
行乞記(01 (一))山頭火全集 第三巻1986(昭和61)年5月25日
四国遍路日記人生遍路2002(平成14)年11月25日
行乞記(02 三八九日記)山頭火全集 第三巻1986(昭和61)年5月25日
行乞記(03 (二))山頭火全集 第三巻1986(昭和61)年5月25日
行乞記(04 (三))山頭火全集 第四巻1986(昭和61)年8月5日
其中日記(01 (一))山頭火全集 第四巻1986(昭和61)年8月5日
其中日記(02 (二))山頭火全集 第四巻1986(昭和61)年8月5日
其中日記(03 (三))山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
行乞記(05 室積行乞)山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
行乞記(06 北九州行乞)山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
『鉢の子』から『其中庵』まで山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
赤い壺山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
赤い壺(三)山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
赤い壺(二)山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
片隅の幸福山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
草と虫とそして山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
鎖ペンを握って(――三月十九日 夜――  山頭火)山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
砕けた瓦((或る男の手帳から))山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
最近の感想山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
三八九雑記山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
雑記山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
雑信(一)山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
雑信(二)山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
白い花山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
白い路山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
述懐山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
草木塔山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
漬物の味〔扉の言葉〕山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
行乞記(07 伊佐行乞)山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
行乞記(08 大田)山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
其中日記(04 (四))山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
鉄鉢と魚籃と(――其中日記から――)山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
独慎〔扉の言葉〕山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
寝床〔扉の言葉〕山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
俳句に於ける象徴的表現山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
故郷〔扉の言葉〕山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
遍路の正月山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
歩々到着山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
水〔扉の言葉〕山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
道〔扉の言葉〕山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
物を大切にする心山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
夜長ノート山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
私の生活山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
私の生活(二)山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
私を語る(――(消息に代えて)――)山頭火随筆集2002(平成14)年7月10日
行乞記(09 山口)山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
行乞記(10 仙崎)山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
行乞記(11 大田から下関)山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
行乞記(12 広島・尾道)山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
其中日記(05 (五))山頭火全集 第五巻1986(昭和61)年11月30日
其中日記(06 (六))山頭火全集 第六巻1987(昭和62)年1月25日
其中日記(07 (七))山頭火全集 第六巻1987(昭和62)年1月25日
其中日記(08 (八))山頭火全集 第七巻1987(昭和62)年5月25日
旅日記山頭火全集 第七巻1987(昭和62)年5月25日
其中日記(09 (九))山頭火全集 第七巻1987(昭和62)年5月25日
其中日記(10 (十))山頭火全集 第八巻1987(昭和62)年7月25日
其中日記(11 (十一))山頭火全集 第八巻1987(昭和62)年7月25日
其中日記(12 (十二))山頭火全集 第八巻1987(昭和62)年7月25日
道中記山頭火全集 第八巻1987(昭和62)年7月25日
其中日記(13 (十三))山頭火全集 第八巻1987(昭和62)年7月25日
旅日記(02 昭和十三年)山頭火全集 第八巻1987(昭和62)年7月25日
其中日記(14 (十三の続))山頭火全集 第九巻1987(昭和62)年9月25日
其中日記(15 (十四))山頭火全集 第九巻1987(昭和62)年9月25日
旅日記(03 昭和十四年)山頭火全集 第九巻1987(昭和62)年9月25日
其中日記(16 (十五))山頭火全集 第九巻1987(昭和62)年9月25日
松山日記山頭火全集 第十巻1987(昭和62)年11月30日
一草庵日記山頭火全集 第十巻1987(昭和62)年11月30日