『陳寿』の作品一覧

陳寿(ちんじゅ) 中国明初期の官吏。朱高煦の讒言を受けて獄に下され死んだ(陳寿伝) 中国明代、弘治期の官吏。清貧をもって知られ、身は給侍中・一品階に至った(陳寿伝) 中国西晋の官吏。本項で解説する。陳 寿(ちん じゅ、建興11年(233年) - 元康7年(297年))は、三国時代の蜀漢と西晋に仕えた官僚。字は承祚(しょうそ)。『三国志』の著者である。自身の伝は『晋書』にある。甥に陳苻(字は長信)と陳莅(字は叔度)がいる。 生涯 初め譙周に師事し蜀漢に仕えるも、宦官の黄皓に逆らって左遷された。また、父親の喪に服していた時に病気に罹り、下女に丸薬を作らせていた。このことが発覚すると、親不孝者として糾弾された。これは儒教の礼教では、親の喪に服している時にわが身を労わるのは、もっての外とされていたからである。このため蜀漢滅亡後も、しばらく仕官できなかった。 やがてかつての同僚羅憲によって推挙され、西晋に仕えた。武帝(司馬炎)にその才能を買われて、益州の地方史である『益部耆旧伝』・『益部耆旧雑記』や、蜀漢の諸葛亮の文書集『諸葛亮集』を編纂し、張華らに高く評価された。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
魏志倭人伝魏志倭人伝1951(昭和26)年11月5日