『吉井勇』の作品一覧

吉井 勇(よしい いさむ、1886年(明治19年)10月8日 - 1960年(昭和35年)11月19日)は、大正・昭和期の歌人、脚本家である。爵位は伯爵。 生い立ち 維新の功により伯爵となった旧薩摩藩士・吉井友実を祖父、海軍軍人で貴族院議員も務めた吉井幸蔵を父に、東京芝区に生まれた。 幼少期を鎌倉材木座の別荘で過ごし、鎌倉師範学校付属小学校に通う(現在の横浜国大附属鎌倉小学校)。1900年4月に東京府立第一中学校(現在の都立日比谷高校)に入学するが、落第したため日本中学(現在の日本学園中・高)に転校した。漢学塾へ通い、『十八史略』『文章軌範』などを習う。この頃『海国少年』に短歌を投稿して1位となった。 その後、攻玉社(現在の攻玉社中・高)に転じ、1904年に同校卒業。卒業後には胸膜炎(肋膜炎)を患って平塚の杏雲堂に入院するが、鎌倉の別荘へ転地療養した際に歌作を励み、『新詩社』の同人となって『明星』に次々と歌を発表。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
逢状日本の名随筆 別巻15 色街1992(平成4)年5月25日
黒足袋日本の名随筆38 装1985(昭和60)年12月25日
雑魚寝日本の名随筆 別巻15 色街1992(平成4)年5月25日
酔狂録日本の名随筆 別巻55 恋心1995(平成7)年9月25日
青春回顧日本の名随筆 別巻3 珈琲1991(平成3)年5月25日
老境なるかな日本の名随筆34 老1985(昭和60)年8月25日