『薄田泣菫』の作品一覧

薄田 泣菫(すすきだ きゅうきん、1877年(明治10年)5月19日 - 1945年(昭和20年)10月9日)は、日本の詩人・随筆家。本名、淳介(じゅんすけ)。 『暮笛集』『白羊宮』などで島崎藤村、土井晩翠の後を継ぐ浪漫派詩人として登場。また、象徴派詩人として蒲原有明と併称された。大正以後は詩作を離れ、『茶話』『艸木虫魚』などの随筆集を書いた。 生涯 1877年5月13日、岡山県浅口郡大江連島村(現在の倉敷市連島町)に、薄田篤太郎、里津の長男として生れた。父は村役場の書記で、俳諧を嗜んでいた。玉島高等小学校を経て、岡山県尋常中学校(後に第一岡山中学校。現在の県立岡山朝日高校)を中退。1894年上京し、上野書籍館に通いながら漢学塾二松學舍(現在の二松學舍大学)で学ぶ。1897年、帰郷すると、いくつか詩を作り『新著月刊』に投稿、後藤宙外、島村抱月らに絶賛され掲載された。翌年第一詩集『暮笛集』を刊行、『小天地』を編集しながら『明星』などに詩を載せ、『ゆく春』『白羊宮』など、古語や漢語を多用した詩風で、蒲原有明とともに泣菫・有明時代を築き、島崎藤村、土井晩翠後の明治後期の詩壇を背負って立った。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
雨の日に香を燻く日本の名随筆33 水1985(昭和60)年7月25日
草の親しみ(刈草の匂ひ 1)日本の名随筆94 草1990(平成2)年8月25日
若葉の雨日本の名随筆43 雨1986(昭和61)年5月25日
初蛙日本の名随筆17 春1984(昭和59)年3月25日
森の声日本の名随筆21 森1984(昭和59)年7月25日
手品師と蕃山日本の名随筆 別巻7 奇術1991(平成3)年9月20日
幽霊の芝居見日本の名随筆 別巻64 怪談1996(平成8)年6月25日
魚の憂鬱日本の名随筆32 魚1985(昭和60)年6月25日
艸木虫魚艸木虫魚1998(平成10)年9月16日
侘助椿泣菫随筆1993(平成5)年4月24日
水仙の幻想泣菫随筆1993(平成5)年4月24日
石竹泣菫随筆1993(平成5)年4月24日
木犀の香花の名随筆10 十月の花1999(平成11)年9月10日
山雀泣菫随筆1993(平成5)年4月24日
黒猫泣菫随筆1993(平成5)年4月24日
利休と遠州泣菫随筆1993(平成5)年4月24日
小壺狩泣菫随筆1993(平成5)年4月24日
茶立虫日本の名随筆35 虫1985(昭和60)年9月25日
日本の名随筆39 藝1986(昭和61)年1月25日
無学なお月様日本の名随筆58 月1987(昭和62)年8月25日
春菜日本の名随筆59 菜1987(昭和62)年9月25日
桜の花日本の名随筆65 桜1988(昭和63)年3月25日
石を愛するもの日本の名随筆88 石1990(平成2)年2月25日
質屋の通帳日本の名随筆 別巻18 質屋1992(平成4)年8月25日
名文句日本の名随筆 別巻22 名言1992(平成4)年12月25日
まんりやう花の名随筆1 一月の花1998(平成10)年11月30日
贋物日本の名随筆 別巻9 骨董1991(平成3)年11月25日
硯と殿様日本の名随筆 別巻9 骨董1991(平成3)年11月25日
古松研日本の名随筆 別巻9 骨董1991(平成3)年11月25日
青磁の皿日本の名随筆 別巻9 骨董1991(平成3)年11月25日
飛鳥寺現代日本紀行文学全集 西日本編1976(昭和51)年8月1日
喜光寺現代日本紀行文学全集 西日本編1976(昭和51)年8月1日
久米の仙人現代日本紀行文学全集 西日本編1976(昭和51)年8月1日
西大寺の伎芸天女現代日本紀行文学全集 西日本編1976(昭和51)年8月1日
旋風現代日本紀行文学全集 西日本編1976(昭和51)年8月1日
泣菫詩抄泣菫詩抄1928(昭和3)年5月5日
詩集の後に明治文學全集 58 土井晩翠 薄田泣菫 蒲原有明 集1967(昭和42)年4月15日
茶話(01 大正四(1915)年)完本 茶話 上1983(昭和58)年11月25日
茶話(02 大正五(1916)年)完本 茶話 上1983(昭和58)年11月25日
恋妻であり敵であった泣菫随筆1993(平成5)年4月24日
中宮寺の春泣菫随筆1993(平成5)年4月24日
春の賦泣菫随筆1993(平成5)年4月24日
独楽園独楽園2009(平成21)12月28日