『太安万侶』の作品一覧

太 安万侶(おお の やすまろ、生年不詳 - 養老7年7月6日(723年8月11日))は、奈良時代の文官。名は安萬侶、安麻呂とも記される。姓は朝臣。多品治の子とする後世の系図がある。官位は民部卿従四位下。贈従三位。 慶雲元年正月7日(704年2月16日)に従五位下に叙される。 和銅4年4月7日(711年4月29日)に正五位上に叙される。同年9月18日(711年11月3日)、元明天皇から稗田阿礼の誦習する『帝紀』『旧辞』を筆録して史書を編纂するよう命じられる。 和銅5年正月28日(712年3月9日)、天皇に、編纂した『古事記』を献上する。 霊亀元年正月10日(715年2月18日)には従四位下に叙される。 霊亀2年9月23日(716年10月12日)に氏長となる。 養老7年7月7日(723年8月11日)、民部卿・従四位下で死去。 1911年(明治44年)3月13日、贈従三位に追陞(ついしょう)される。 なお、子孫とされる多人長(おおのひとなが)によれば、『日本書紀』の編纂にも加わったとされる。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
古事記(02 校註 古事記)古事記1956(昭和31)年5月20日
古事記(03 現代語訳 古事記)古事記1956(昭和31)年5月20日