『中谷宇吉郎』の作品一覧

中谷 宇吉郎(なかや うきちろう、1900年(明治33年)7月4日 - 1962年(昭和37年)4月11日)は、日本の物理学者、随筆家。位階は正三位。勲等は勲一等。学位は理学博士(京都帝国大学・1931年)。 北海道帝国大学理学部教授、北海道大学理学部教授などを歴任した。 生い立ち 石川県江沼郡片山津町(現加賀市)出身。学齢期になると母方の親族に預けられ、大聖寺町(現加賀市)に転居。 大聖寺町立錦城尋常高等小学校卒業後、旧制小松中学(現・石川県立小松高等学校)で寄宿舎生活を行い卒業、1922年(大正11年)、第四高等学校を卒業し東京帝国大学理学部物理学科に入学。寺田寅彦に教えを受け、実験物理学を志す。卒業後は理化学研究所で寺田研究室の助手となった。1927年、藤岡作太郎の長女綾と結婚。その後、1928年イギリスに留学し、キングス・カレッジ・ロンドンにて学んだ。同年には日本に残してきた妻をジフテリアで亡くしている。 研究者として 留学後、1930年(昭和5年)に北海道帝国大学理学部助教授となる。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
1994(平成6)年 10月17日
雪の十勝(――雪の研究の生活――)中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
茶碗の曲線(――茶道精進の或る友人に――)中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
イグアノドンの唄(――大人のための童話――)中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
寺田先生の追憶(――大学卒業前後の思い出――)中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
テレビの科学番組中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
サラダの謎中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
I駅の一夜中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
私の生まれた家中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
流言蜚語中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
立春の卵中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
由布院行中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
雪を作る話中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
雪雑記中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
真夏の日本海日本の名随筆56 海1987(昭和62)年6月25日
一人の無名作家中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
比較科学論中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
日本のこころ中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
南画を描く話中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
天災は忘れた頃来る中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
寺田先生と銀座中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
地球の円い話中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
淡窓先生の教育中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
千里眼その他中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
線香の火中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
島津斉彬公中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
指導者としての寺田先生中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
語呂の論理中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
粉雪日本の名随筆51 雪1987(昭和62)年1月25日
原子爆弾雑話中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
九谷焼中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
硝子を破る者中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
簪を挿した蛇中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
かぶらずし中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
科学と文化中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
科学映画の一考察中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
貝鍋の歌中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
面白味中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
おにぎりの味中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
『日本石器時代提要』のこと中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
『西遊記』の夢中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
「茶碗の湯」のことなど中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
「霜柱の研究」について中谷宇吉郎随筆集1988(昭和63)年9月16日
線香花火日本の名随筆73 火1988(昭和63)年11月25日
楡の花花の名随筆4 四月の花1999(平成11)年3月10日
アラスカの氷河日本の名随筆33 水1985(昭和60)年7月25日
ツーン湖のほとり日本の名随筆67 宿1988(昭和63)年5月25日