『北村透谷』の作品一覧

北村 透谷(きたむら とうこく、1868年12月29日(明治元年11月16日) - 1894年(明治27年)5月16日)は、日本の評論家・詩人。明治期に近代的な文芸評論をおこない、島崎藤村らに大きな影響を与えた。 相模国足柄下郡小田原で没落士族の家に生まれた。本名は北村門太郎。両親とともに上京し、東京の数寄屋橋近くの泰明小学校に通った(のちの筆名・透谷は「すきや」をもじったもの)。 1883年、東京専門学校(現在の早稲田大学)政治科に入学(東京専門学校には、1886年(明治19年)頃まで籍を置いていたとされるが、卒業はしていない)。自由民権運動に参加したが、運動は次第に閉塞してゆく時期であり、大阪事件の際同志から活動資金を得るため強盗をするという計画を打ち明けられ勧誘され絶望し、運動を離れた。1888年、数寄屋橋教会(現・日本基督教団巣鴨教会)で洗礼を受けた。同年、石坂昌孝の娘、石坂ミナと結婚。 その後、アメリカ・クリスチャン教会からD・F・ジョーンズ宣教師の通訳として麻布教会(現・日本基督教団聖ヶ丘教会)へ通う。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
楚囚之詩北村透谷選集
北村透谷詩集透谷全集 第一卷1950(昭和25)年7月15日
国民と思想現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
実行的道徳現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
徳川氏時代の平民的理想現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
内部生命論現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
復讐・戦争・自殺現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
明治文学管見((日本文学史骨))現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
山庵雑記現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
人生に相渉るとは何の謂ぞ現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
「平和」発行之辞現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
想断々(1)現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
想断々(2)現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
頑執妄排の弊現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
人生の意義現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
賤事業弁現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
熱意現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
富嶽の詩神を思ふ現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
漫言一則現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
哀詞序現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
我牢獄現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
厭世詩家と女性現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
各人心宮内の秘宮現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
秋窓雑記現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
主のつとめ現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
処女の純潔を論ず((富山洞伏姫の一例の観察))現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
心機妙変を論ず現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
他界に対する観念現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1974(昭和44)年6月5日
客居偶録現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
「罪と罰」の殺人罪明治文學全集 29 北村透谷集1976(昭和51)年10月30日
罪と罰(内田不知庵訳)明治文學全集 29 北村透谷集1976(昭和51)年10月30日
鬼心非鬼心((実聞))現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
三日幻境現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
粋を論じて「伽羅枕」に及ぶ現代日本文學体系6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
「伽羅枕」及び「新葉末集」現代日本文學体系6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
「桂川」(吊歌)を評して情死に及ぶ現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
一夕観現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
劇詩の前途如何現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
思想の聖殿現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
兆民居士安くにかある現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
万物の声と詩人現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
情熱現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
漫罵現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
「油地獄」を読む((〔斎藤〕緑雨著))現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
「歌念仏」を読みて現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
一種の攘夷思想現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
最後の勝利者は誰ぞ現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
トルストイ伯現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日
松島に於て芭蕉翁を読む現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集1969(昭和44)年6月5日