『正宗白鳥』の作品一覧

正宗 白鳥(まさむね はくちょう、1879年(明治12年)3月3日 - 1962年(昭和37年)10月28日)は、明治 から昭和にかけて活躍した小説家、劇作家、文学評論家。本名は正宗 忠夫(まさむね ただお)。 岡山県和気郡穂浪村(現在の備前市穂浪)に生まれる。江戸時代の正宗家は代々網元であり、高祖父の雅明の代までは材木商も営んだ財産家であった。閑谷黌を卒業し、1896年(明治29年)東京専門学校(後の早稲田大学)に入学。在学中に植村正久・内村鑑三の影響を受けキリスト教の洗礼を受ける。史学科、英語科に在籍し、1901年(明治34年)文学科を卒業。早大出版部を経て読売新聞社に入社。文芸・美術・演劇を担当した。 1904年(明治37年)処女作品となる『寂寞』を発表し文壇デビューする。1907年(明治40年)読売を退社し本格的に作家活動に入る。1908年(明治41年)に発表した、日露戦争後の青年像を描いた『何処へ』は彼の代表作である。自然主義文学に新分野を開き注目された。1911年(明治44年)甲府市の油商清水徳兵衛の娘・つ禰と結婚。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
軽井沢にて世界教養全集 別巻1 日本随筆・随想集1962(昭和37)年11月20日
奇怪な客正宗白鳥全集第十二卷1985(昭和60)年7月30日
玉の輿正宗白鳥全集第十二卷1985(昭和60)年7月30日
素材正宗白鳥全集第十二卷1985(昭和60)年7月30日
見学正宗白鳥全集第十二卷1985(昭和60)年7月30日
心の故郷日本の名随筆13 心1984(昭和59)年2月25日
月を見ながら日本の名随筆58 月1987(昭和62)年8月25日
花より団子日本の名随筆65 桜1988(昭和63)年3月25日
論語とバイブル日本の名随筆 別巻100 聖書1999(平成11)年6月25日
見て過ぎた女正宗白鳥全集第十二卷1985(昭和60)年7月30日
幼少の思ひ出日本の名随筆 別巻44 記憶1994(平成6)年10月25日