『堺利彦』の作品一覧

堺 利彦(さかい としひこ、明治3年11月25日(1871年1月15日) - 昭和8年(1933年)1月23日)は、日本の社会主義者・思想家・歴史家・著述家・小説家。号は枯川、別名は、貝塚渋六。 生涯 没落士族の3男として豊前国仲津郡長井手永大坂村松坂(現在の福岡県京都郡みやこ町犀川大坂字松坂)に生まれる。豊津中学校(現・育徳館高校)を首席で卒業。上京後、進学予備校であった共立学校(現 開成中高)にて受験英語を学び、第一高等中学校入学。学費滞納により一高から除籍処分を受けたのち、大阪や福岡で新聞記者や教員として勤めながら、文学の世界で身を立てるべく小説の執筆を始める。その後、同郷の末松謙澄に招かれて東京に設けられた毛利家編輯所で『防長回天史』の編纂に従事し、同僚の山路愛山らと親交を深める。 その後『萬朝報』の記者として活躍し、社会改良を主張する論説や言文一致体の普及を図る一方で、社主の黒岩涙香、同僚の内村鑑三、幸徳秋水らと理想団を結成。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
私の母日本の名随筆42 母1986(昭和61)年4月25日
私の父日本の名随筆49 父1986(昭和61)年11月25日
貧を記す日本の名随筆85 貧1989(平成元)年11月25日
面白き二個の広告日本の名随筆 別巻23 広告1993(平成5)年1月25日
獄中生活日本プロレタリア文学大系(序)1955(昭和30)年3月31日
婦人の天職堺利彦全集 第三巻1970(昭和45)年9月30日
赤旗事件の回顧堺利彦全集 第三巻1970(昭和45)年9月30日発行
桜と狆と愛国心(コスモポリタンの心理)現代ユウモア全集 第二卷 堺利彦集1928(昭和3)年10月20日
ハガキ運動現代ユウモア全集 第二卷 堺利彦集1928(昭和3)年10月20日