『大倉燁子』の作品一覧

大倉 燁子(おおくら てるこ、1886年4月12日 - 1960年7月18日)は東京府出身の小説家。 本名は物集芳子。国学者物集高見の三女。二葉亭四迷や夏目漱石に師事して、本名や岩田由美や岩田百合子の名義で「兄」「生家」「母」などの小説を発表(1909年 - 1912年)。 澤柳政太郎夫妻の世話で外交官と結婚後、夫とともに滞欧し、コナン・ドイルの作品に触れる。 のち離婚し、長唄の師匠となったが、探偵小説に転じ、中村吉蔵(中村春雨)や森下雨村や大下宇陀児に師事。1935年、短篇集「踊る影絵」で日本初の女流探偵小説家としてデビュー。『オール讀物』『新青年』『宝石』などに執筆。その他の作品に長篇「殺人流線型」「女の秘密」など。丘ミドリ名義による作品もある。 兄の物集高量は国文学者。妹の物集和子も小説家。 著書 『踊る影絵』柳香書院 1935 のち春陽堂文庫 1938 『殺人流線型』柳香書院 1935 『笑ふ花束』ふじ書房 1946 『影なき女』春日書房 1954 『大倉[テル]子探偵小説選』論創社 論創ミステリ叢書 2011 翻訳 アレクサンドル・デュマ『紅楼の騎士』木村毅共訳 大隣社 1939 セギュール伯爵夫人『ブレーズ物語』中央出版社 1951 アルクサンドル・デュマ『世界大衆小説全集 世界の恋人』木村毅共訳 生活百科刊行会 1954 アルクサンドル・デュマ『マリー・アントワネット』木村毅共訳 小山書店新社 1957 外部リンク 大倉【てる】子研究所 著作目録 大倉 燁子:作家別作品リスト(青空文庫)。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
青い風呂敷包大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
あの顔大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
蘭郁二郎氏の処女作(――「夢鬼」を読みて――)大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
妖影大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
魔性の女大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
アンケート大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
鉄の処女大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
和製椿姫大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
むかでの跫音大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
耳香水大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
梟の眼大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
素晴しい記念品大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
美人鷹匠大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
鳩つかひ大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
魂の喘ぎ大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
情鬼大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
蛇性の執念大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
心霊の抱く金塊大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
深夜の客大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
鷺娘大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
最初の印象大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
今年の抱負大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
黒猫十三大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
恐怖の幻兵団員大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
機密の魅惑大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日
消えた霊媒女大倉燁子探偵小説選2011(平成23)年4月30日