『直木三十五』の作品一覧

直木 三十五(なおき さんじゅうご、1891年(明治24年)2月12日 - 1934年(昭和9年)2月24日)は、日本の小説家である。また脚本家、映画監督でもあった。現在、エンターテインメント系の作品に与えられる直木三十五賞(通称「直木賞」)は、彼に由来する。 1891年(明治24年)2月12日、現在の大阪市中央区安堂寺町2丁目に生まれる。本名は植村宗一、東洋史学者の植村清二は実弟。 父の反対を押して早稲田大学英文科予科を経て、早稲田大学高等師範部英語科へ進学したが、月謝未納で中退。しかし早稲田大学へは登校し続けており、卒業記念写真の撮影にも参加している。 1920年(大正9年)、里見弴、久米正雄、吉井勇、田中純らによって創刊された『人間』の編集を担当。その際には「植村宋一」の名を使った。 1923年(大正12年)の関東大震災以後は大阪のプラトン社に勤務し、川口松太郎とともに娯楽雑誌『苦楽』の編集に当たった。以後、次第に時代小説を書くようになる。 1925年(大正14年)、マキノ・プロダクション主催のマキノ省三家に居候する。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
鍵屋の辻仇討二十一話 大衆文学館1995(平成7)年3月17日
巌流島仇討二十一話1995(平成7)年3月17日
相馬の仇討仇討二十一話1995(平成7)年3月17日
傾城買虎之巻仇討二十一話1995(平成7)年3月17日
三人の相馬大作直木三十五作品集1989(平成元)年2月15日
寺坂吉右衛門の逃亡直木三十五作品集1989(平成元)年2月15日
寛永武道鑑直木三十五作品集1989(平成元)年2月15日
大衆文芸作法直木三十五作品集1989(平成元)年2月15日
死までを語る直木三十五作品集1989(平成元)年2月15日
大阪を歩く直木三十五作品集1989(平成元)年2月15日
貧乏一期、二期、三期(わが落魄の記)日本の名随筆85 貧1989(平成元)年11月25日
著者小伝直木三十五全集 第21巻1991(平成3)年7月6日
長谷川時雨が卅歳若かつたら直木三十五全集 第14巻1991(平成3)年7月6日
近藤勇と科学新選組興亡録2003(平成15)年10月25日
南国太平記直木三十五作品集1989(平成元)年2月15日
ロボットとベッドの重量懐かしい未来――甦る明治・大正・昭和の未来小説2001(平成13)年6月10日
新訂雲母阪昭和のエンタテインメント50篇(上)1989(平成元)年6月10日