『三木清』の作品一覧

三木 清(みき きよし、1897年1月5日 - 1945年9月26日)は、(西田左派を含めた上での)京都学派の哲学者。弟に中国文学者の三木克己がいる。 生涯 兵庫県揖保郡平井村小神(後の龍野市、現・たつの市揖西町)出身。旧制龍野中学校では、西田正雄(後の海軍大佐、戦艦比叡の最後の艦長)が同級生で、三木は次席で西田が首席であった。第一高等学校から京都帝国大学に進み、西田幾多郎に師事する。大学在学中は西田のみならず東北帝国大学から転任してきた田辺元や左右田喜一郎らからも多くの学問的影響を受けた。大学卒業後は大谷大学、龍谷大学で教鞭をとる。 1922年には岩波茂雄の資金的な支援を受けてドイツに留学。ハイデルベルク大学でハインリヒ・リッケルトのゼミナールに参加し、歴史哲学を研究した。1923年にはマールブルク大学に移り、マルティン・ハイデッガーに師事。ニコライ・ハルトマンの講義にも出席した。ハイデッガーの助手カール・レーヴィットからの影響でフリードリヒ・ニーチェやセーレン・キェルケゴールの実存哲学への興味を深めた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
語られざる哲学語られざる哲学1977(昭和52)年6月10日
消息一通(一九二四年一月一日マールブルク)日本の名随筆 別巻92 哲学1998(平成10)年10月25日
認識論三木清全集 第四巻1967(昭和42)年1月17日
唯物史観と現代の意識三木清全集 第三巻1966(昭和41)年12月17日 
哲学入門三木清全集 第七巻1967(昭和42)年4月17日
解釈学と修辞学現代日本思想大系331966(昭和41)年5月30日
科学批判の課題現代日本思想大系331966(昭和41)年5月30日
危機における理論的意識現代日本思想大系 331966(昭和41)年5月30日
思索者の日記現代日本思想大系331966(昭和41)年5月30日
自己を中心に現代日本思想大系331966(昭和41)年5月30日
政治の論理と人間の論理現代日本思想大系331966(昭和41)年5月30日
生存理由としての哲学(――哲学界に与うる書――)現代日本思想大系331966(昭和41)年5月30日
読書遍歴現代日本思想大系331966(昭和41)年5月30日
わが青春現代日本思想大系 331966(昭和41)年5月30日
私の果樹園現代日本思想大系 331966(昭和41)年5月30日
ゲーテに於ける自然と歴史新版ゲーテ読本1999(平成11)6月5日
マルクス主義と唯物論現代日本思想大系331966(昭和41)年5月30日
人生論ノート三木清全集第一巻1966(昭和41)年10月17日
哲学はどう学んでゆくか三木清全集 第一巻1966(昭和41)年10月17日
哲学はやさしくできないか三木清全集 第一巻1966(昭和41)年10月17日
親鸞現代日本思想大系 331966(昭和41)年5月30日
論理と直観三木清全集 第四巻1967(昭和42)年1月17日
辞書の客観性日本の名随筆 別巻74 辞書1997(平成9)年4月25日
日記と自叙伝日本の名随筆 別巻28 日記1993(平成5)年6月25日
如何に読書すべきか読書と人生1974(昭和49)年10月30日
軽蔑された翻訳読書と人生1974(昭和49)年10月30日
書物の倫理読書と人生1974(昭和49)年10月30日
西田先生のことども読書と人生1974(昭和49)年10月30日
ハイデッゲル教授の想い出読書と人生1974(昭和49)年10月30日