『平林初之輔』の作品一覧

平林 初之輔(ひらばやし はつのすけ、1892年11月8日 - 1931年6月15日)は、日本の作家・推理作家・文芸評論家。プロレタリア文学運動の理論家として知られる。 京都府竹野郡深田村字黒部(現在は京丹後市黒部)に生まれる。1917年9月、早稲田大学文学部英文科に入学、片上伸や吉江喬松らに親しんだ。また、アテネ・フランセでフランス語を学ぶ。早稲田大学卒業後、やまと新聞に入社、同紙の文芸時評欄を担当するとともに、ヴィクトル・ユゴーなどフランス文学の小説を翻訳して掲載する。1920年、労働争議を契機に同新聞を退社、この前後に、青野季吉、市川正一と知り合い交際が始まり、ともに国際通信社に就職する。平林は、外電の翻訳に従事し、社会主義・マルクス主義に関心を持ち研究をすすめる。このころ創刊された雑誌『種蒔く人』に関係し、当時勃興しはじめたプロレタリア文学を理論化することに力をつくした。1926年に博文館に入社し、『太陽』誌の編集主幹となる。その後、「政治的価値と芸術的価値」という論文を発表し、芸術作品の価値についての論争の火蓋を切った。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
政治的価値と芸術的価値(マルクス主義文学理論の再吟味)日本現代文學全集69 プロレタリア文學集1969(昭和44)年1月19日
唯物史観と文学日本現代文學全集69 プロレタリア文學集1969(昭和44)年1月19日
文芸運動と労働運動日本現代文學全集69 プロレタリア文學集1969(昭和44)年1月19日
中西氏に答う日本現代文學全集69 プロレタリア文學集1969(昭和44)年1月19日
山吹町の殺人殺意を運ぶ列車 鉄道ミステリー傑作選1994(平成6)年12月20日
人造人間世界SF全集 34 日本のSF(短篇集)古典篇1971(昭和46)年4月30日
文学の本質について(一)平林初之輔文藝評論集 上巻1975(昭和50)年5月1日
文学の本質について(二)平林初之輔文藝評論全集 上巻1975(昭和50)年5月1日
文学方法論平林初之輔文藝評論集 上巻1975(昭和50)年5月1日
エミイル・ゾラの文学方法論平林初之輔文藝評論全集 上巻1975(昭和50)年5月1日
政治的価値と芸術的価値(マルクス主義文学理論の再吟味)平林初之輔文藝評論全集 上巻1975(昭和50)年5月1日
諸家の芸術価値理論の批判平林初之輔文藝評論全集 上巻1975(昭和50)年5月1日
商品としての近代小説平林初之輔文藝評論全集 上巻1975(昭和50)年5月1日
頭と足「探偵趣味」傑作選 幻の探偵雑誌22000(平成12)年4月20日
予審調書新青年傑作選第一巻(新装版)1991(平成3)年6月10日
犠牲者「新青年」傑作選 幻の探偵雑誌102002(平成14)年2月20日
愛読作家についての断片平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
悪魔の聖壇平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
或る探訪記者の話平林初之輔探偵小説選Ⅰ〔論創ミステリ叢書1〕2003(平成15)年10月10日
伊豆の国にて平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
「陰獣」その他平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
江戸川乱歩平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
探偵戯曲 仮面の男平林初之輔探偵小説選Ⅰ〔論創ミステリ叢書1〕2003(平成15)年10月10日
現下文壇と探偵小説平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
黒岩涙香のこと平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
甲賀三郎『琥珀のパイプ』序平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
小酒井不木氏平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
今年印象に残れる作品平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
作家としての小酒井博士平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
雑文一束平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
四月号の創作三つ平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
少年探偵呉田博士と与一平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
ヴアン・ダインの作風平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
ルヴエルの『夜鳥』平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
ポウの本質平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
ホオムズの探偵法平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
ブリユンチエールの言葉について平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
ヂユパンの癖とヴァンスの癖平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
クローズアップ平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
オパール色の手紙(――ある女の日記――)平林初之輔探偵小説選Ⅰ〔論創ミステリ叢書1〕2003(平成15)年10月10日
ウイツテ伯回想記その他平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
アパートの殺人平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
私の要求する探偵小説平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
私はかうして死んだ!平林初之輔探偵小説選Ⅰ〔論創ミステリ叢書1〕2003(平成15)年10月10日
乱歩氏の諸作平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
祭の夜平林初之輔探偵小説選Ⅰ〔論創ミステリ叢書1〕2003(平成15)年10月10日
文芸は進化するか、その他平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
二人の盲人平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
二つの文学論平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
秘密平林初之輔探偵小説選Ⅰ〔論創ミステリ叢書1〕2003(平成15)年10月10日
「華やかな罪過」作者として平林初之輔探偵小説選Ⅰ〔論創ミステリ叢書1〕2003(平成15)年10月10日
華やかな罪過平林初之輔探偵小説選Ⅰ〔論創ミステリ叢書1〕2003(平成15)年10月10日
日本の近代的探偵小説(――特に江戸川乱歩氏に就て――)平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
夏の夜の冒険平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
謎の女平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
動物園の一夜平林初之輔探偵小説選Ⅰ〔論創ミステリ叢書1〕2003(平成15)年10月10日
当選作所感平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
鉄の規律平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
角田喜久雄「肉」平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
誰が何故彼を殺したか平林初之輔探偵小説選Ⅰ〔論創ミステリ叢書1〕2003(平成15)年10月10日
探偵小説の世界的流行平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
探偵小説壇の諸傾向平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
『心理試験』を読む平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
新人の諸作一括平林初之輔探偵小説選 〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日
昭和四年の文壇の概観平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕2003(平成15)年11月10日