『伊丹万作』の作品一覧

伊丹 万作(いたみ まんさく、1900年1月2日 - 1946年9月21日)は、日本の映画監督、脚本家、俳優、エッセイスト、挿絵画家。本名は池内 義豊(いけうち よしとよ)。 「日本のルネ・クレール」と呼ばれた知性派の監督で、挿絵画家として活躍後、同窓の伊藤大輔の勧めで映画界に入り、片岡千恵蔵プロダクションへ入社。作風は風刺と諧謔、人間味に富み、これまでの立ち回り主体の時代劇とは一線を画す現代的な時代劇で稲垣浩とともに新生面を開いた。その後は闘病生活を余儀なくされるが、シナリオ執筆や映画論、社会批評など著述に専心した。主な監督作に『國士無双』『赤西蠣太』、シナリオに『無法松の一生』『手をつなぐ子等』など。長男は映画監督・俳優の伊丹十三、長女は大江健三郎夫人の大江ゆかり、孫は俳優の池内万作、池内万平。 来歴・人物 挿絵画家から映画界へ 1900年(明治33年)1月2日、愛媛県松山市湊町2丁目24番地に、官吏の父・義行と母・キクヨの長男として生まれる。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
演技指導論草案現代日本思想大系 14 芸術の思想1964(昭和39)年8月15日
映画界手近の問題現代日本思想大系 14 芸術の思想1964(昭和39)年8月15日
映画と癩の問題現代日本思想大系 14 芸術の思想1964(昭和39)年8月15日
戦争中止を望む現代日本思想大系 14 芸術の思想1964(昭和39)年8月15日
一つの世界(――私信――)現代日本思想大系 14 芸術の思想1964(昭和39)年8月15日
顔の美について日本の名随筆40 顔1986(昭和61)年2月25日
「ファン」について新装版 伊丹万作全集21961(昭和36)年8月20日
映画と音楽新装版 伊丹万作全集21961(昭和36)年8月20日
余裕のことなど新装版 伊丹万作全集21961(昭和36)年8月20日
わが妻の記新装版 伊丹万作全集21961(昭和36)年8月20日
私の活動写真傍観史新装版 伊丹万作全集21961(昭和36)年8月20日
カタカナニツイテ新装版 伊丹万作全集21961(昭和36)年8月20日
カメラに関する覚え書新装版 伊丹万作全集21961(昭和36)年8月20日
ルネ・クレール私見新装版 伊丹万作全集21961(昭和36)年8月20日
映画と民族性新装版 伊丹万作全集11961(昭和36)年7月10日
映画の普及力とは新装版 伊丹万作全集11961(昭和36)年7月10日
思い(情報局の映画新体制案について)新装版 伊丹万作全集11961(昭和36)年7月10日
雑文的雑文新装版 伊丹万作全集11961(昭和36)年7月10日
政治に関する随想新装版 伊丹万作全集11961(昭和36)年7月10日
戦争責任者の問題新装版 伊丹万作全集11961(昭和36)年7月10日
著作権の問題新装版 伊丹万作全集11961(昭和36)年7月10日
人間山中貞雄新装版 伊丹万作全集21961(昭和36)年8月20日
広告日本の名随筆 別巻23 広告1993(平成5)年1月25日