『大町桂月』の作品一覧

大町 桂月(おおまち けいげつ、1869年3月6日(明治2年1月24日)- 1925年(大正14年)6月10日)は高知県出身で、近代日本の詩人、歌人、随筆家、評論家。本名:大町芳衛(よしえ)。 1869年(明治2年)、高知市北門筋に元土佐藩士の通の息子として生まれる。名は芳衛。昆虫学者の大町文衛は2男。雅号の桂浜月下漁郎はよさこい節にも唄われる月の名所桂浜に因み、桂月はそれを縮めたもの。 1896年(明治29年)、東京帝国大学国文科卒。1899年(明治32年)、島根県で中学教師として奉職。1900年(明治33年)、博文館に入社し、1906年(明治39年)まで在籍。『文芸倶楽部』『太陽』『中學世界』などに随筆を書き美文家として知られた。それは韻文・随筆・紀行・評論・史伝・人生訓など多彩であった。格調高い文体から擬古派と言われた。 1913年(大正2年)に出版された『人の運』は、洋の東西を問わず通ずる処世訓集として当時のベストセラーとなる。 和漢混在の独特な美文の紀行文は広く読まれた。 また、明治大学で教鞭を執った。 終生酒と旅を愛し、酒仙とも山水開眼の士とも称された。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
月譜日本の名随筆58 月1987(昭和62)年8月25日
秋の筑波山心にふるさとがある1 想い遥かな山々1998年4月25日
川魚料理桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
国府台桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
小利根川の桜桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
千葉夜行記桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
東京の近郊桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
粕壁夜行記桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
川越夜行記桂月全集 第二巻 紀行一1922(大正11)年7月9日
春の郊外桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
房州紀行桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
明治神宮と松桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
遊羽雑感桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
一万尺の山嶽桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
三里塚の桜桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
新武蔵野の桜桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
菅の堤の桜桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
千川の桜桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
月の東京湾桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
春の筑波山桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
北総の十六島桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
八塩のいでゆ桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
小金井の桜桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
吾嬬の森桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
親子遠足の感桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
房州の一夏桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
北條より一ノ宮へ桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
親馬鹿の旅桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
中野あるき桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
杉田の一夜桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
小日向台桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
小石川台桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
久地の梅林桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
鹿野山桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
梅の吉野村桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
常磐の山水桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
豊島ヶ岡桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
水戸観梅桂月全集 第二卷 紀行一1922(大正11)年7月9日
牛経桂月全集 第一卷 美文韻文1922(大正11)年5月28日
月の隅田川桂月全集 第一卷 美文韻文1922(大正11)年5月28日
独笑記桂月全集 第一卷 美文韻文1922(大正11)年5月28日
南洲留魂祠桂月全集 第一卷 美文韻文1922(大正11)年5月28日
日月喩桂月全集 第一卷 美文韻文1922(大正11)年5月28日
猫征伐桂月全集 第一卷 美文韻文1922(大正11)年5月28日
箱根神社祈願の記桂月全集 第一卷 美文韻文1922(大正11)年5月28日
風船玉桂月全集 第一卷 美文韻文1922(大正11)年5月28日
層雲峡より大雪山へ山の旅 大正・昭和篇2003(平成15)年11月14日