『荻原守衛』の作品一覧

『荻原碌山』より : 荻原碌山(おぎわら ろくざん、1879年(明治12年)12月1日 - 1910年(明治43年)4月22日)は、明治期の彫刻家。本名は守衛(もりえ)、「碌山」は号である。 年譜 1879年(明治12年)長野県南安曇郡東穂高村に5人兄弟の末っ子として生まれる。 1896年(明治29年)頃相馬黒光と出会う。 1901年 (明治34年)より渡米、西洋画を学ぶ。 1904年 (明治37年)パリでオーギュスト・ロダンの「考える人」を見て彫刻を志す。 1906年 (明治39年)渡仏。アカデミー・ジュリアンの彫刻部に入学。 1907年 (明治40年)ロダンに面会。「女の胴」「坑夫」などを制作。 1908年(明治41年)帰国。新宿にて彫刻家として活動を始める。「文覚」第二回文展で入選。 1909年 (明治42年)「デスペア」。第三回文展に「北条虎吉像」「労働者」を出品。 1910年 (明治43年)「母と病める子」「女」制作。4月22日急逝。第四回文展にて「女」文部省が買上げ。 少年時代 守衛は幼い頃から病弱で、大好きな読書をしたり、絵を描いて過ごしていた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
彫刻家の見たる美人日本の名随筆40 顏1986(昭和61)年2月25日