『近松秋江』の作品一覧

近松秋江(ちかまつ しゅうこう、1876年(明治9年)5月4日 - 1944年(昭和19年)4月23日)は、日本の小説家、評論家。岡山県生まれ。本名は徳田丑太郎。17歳のとき、浩司と改名。 1876年(明治9年)岡山県に生まれる。少年時代は『雪中梅』(末広鉄腸)や『経国美談』(矢野龍渓)などの政治小説を好んだ。家は代々農業を営んでおり、1892年(明治25年)、岡山県尋常中学校(後の岡山一中、現在の岡山県立岡山朝日高等学校)に入学するが翌年退学、1894年(明治27年)、父に書置一通を残し上京。慶應義塾に入るも父の急逝により2ヶ月で退学し、帰郷、一年余り家業に就く。その間、村井弦斎・尾崎紅葉・泉鏡花等の軟文学に親しんだ。1896年(明治29年)、小説家を志し、9月再度上京し、国民英学会に英語を、漢学私塾二松學舍(現二松學舍大学)にて漢学を学んだ。1898年(明治31年)、東京専門学校(後の早稲田大学)文学部史学科に入学。卒業後、坪内逍遥の紹介で、博文館に入社するも5ヶ月で退社。その後、東京専門学校出版部に入る。1904年(明治37年)、中央公論の記者となるが、ここも7ヶ月で退社している。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
うつり香日本の文学 8 田山花袋 岩野泡鳴 近松秋江1970(昭和45)年5月5日
黒髪日本の文学 8 田山花袋 岩野泡鳴 近松秋江1970(昭和45)年5月5日
狂乱日本の文学 8 田山花袋 岩野泡鳴 近松秋江1970(昭和45)年5月5日
霜凍る宵日本の文学 8 田山花袋 岩野泡鳴 近松秋江1970(昭和45)年5月5日
箱根の山々現代日本紀行文学全集 東日本編1976(昭和51)年8月1日
別れたる妻に送る手紙黒髪・別れたる妻に送る手紙1997(平成9)年6月10日
湖光島影(琵琶湖めぐり)現代日本紀行文学全集 西日本編1976(昭和51)年8月1日
伊賀国現代日本紀行文学全集 西日本編1976(昭和51)年8月1日
伊賀、伊勢路現代日本紀行文学全集 西日本編1976(昭和51)年8月1日
雪の日日本文学全集 14 近松秋江集1969(昭和44)年2月12日