『戸坂潤』の作品一覧

戸坂 潤(とさか じゅん、1900年9月27日 - 1945年8月9日)は、日本の哲学者。 来歴・人物 東京市生まれ。青南小学校、東京開成中学校、第一高等学校(現東京大学教養学部)理科を経て、1924年京都帝国大学文学部哲学科卒業、同大学院進学。京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)講師、同志社女子専門学校(現同志社女子大学)講師、神戸商科大学講師、大日本帝国陸軍少尉等を経て、1929年大谷大学教授就任も、翌年検挙(一週間で釈放)。1931年から1934年まで法政大学講師。後に同大教授となる。(1933年に法政騒動で教養学部辞職。余波は続き1934年に文学部解職。1935年、1938年検挙。1940年保釈出所するも1944年に東京拘置所、空襲のため1945年に長野刑務所へ移送。)ちなみに三木清は1930年に検挙されており、その意味で戸坂は三木の後任だったと言える。 もともとは物理学専攻であったが、後に西田幾多郎の下で哲学を学ぶ。西田に師事する一方で、軍部のイデオロギーに観念論的に影響を与えたとして西田や田辺元らを批判した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
デカルトと引用精神日本の名随筆 別巻 哲学1998(平成10)年10月25日
思想と風俗戸坂潤全集 第四巻1966(昭和41)年7月20日
道徳の観念戸坂潤全集 第四巻1966(昭和41)年7月20日
読書法戸坂潤全集 第五巻1967(昭和42)年2月25日
科学方法論戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
科学論戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
技術の哲学戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
イデオロギーの論理学戸坂潤全集第二巻1966(昭和41)年2月15日
イデオロギー概論戸坂潤全集第二巻1966(昭和41)年2月15日
日本イデオロギー論(――現代日本に於ける日本主義・ファシズム・自由主義・思想の批判)戸坂潤全集第二巻1966(昭和41)年2月15日
現代哲学講話戸坂潤全集 第三巻1966(昭和41)年10月10日
現代唯物論講話戸坂潤全集 第三巻1966(昭和41)年10月10日第1刷発行
認識論とは何か戸坂潤全集 第三巻1966(昭和41)年10月10日
思想としての文学戸坂潤全集第四巻1966(昭和41)年7月20日
世界の一環としての日本戸坂潤全集 第五巻1967(昭和42)年2月25日
辞典戸坂潤全集別巻1979(昭和54)年11月20日
社会時評戸坂潤全集別巻1979(昭和54)年11月20日
現代日本の思想対立戸坂潤全集 第五巻1967(昭和42)年2月25日
映画芸術と映画(アブストラクションの作用へ)戸坂潤全集 第四巻1966(昭和41)年7月20日
娯楽論(民衆と娯楽・その積極性と社会性・)戸坂潤全集 第四巻1966(昭和41)年7月20日
科学的精神とは何か(――日本文化論に及ぶ――)戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
最近日本の科学論(――緒論の部―一般的特色について――)戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
再び科学的精神について((「最近日本の科学論」続編)――教学に対して――)戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
現代科学教育論戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
ひと吾を公式主義者と呼ぶ戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
技術的精神とは何か戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
科学と科学の観念戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
技術と科学との概念戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
生産を目標とする科学(――再三「科学と技術」とについて――)戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
技術へ行く問題戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
物理的空間の成立まで((カントの空間論))戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
幾何学と空間戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
範疇としての空間に就いて(――之は一つの習作である――)戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
性格としての空間(――理論の輪郭――)戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
空間概念の分析戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
カントと現代の科学戸坂潤全集 第一巻1966(昭和41)年5月25日
クリティシズムと認識論との関係戸坂潤全集 第三巻1966(昭和41)年10月10日
哲学の現代的意義戸坂潤全集 第三巻1966(昭和41)年10月10日
再び「科学の歴史的社会的制約」に就いて(――岡邦雄氏に答える――)戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
範疇の発生学戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
学生の技能と勤労大衆戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
思想議会たるを知れ戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
私の見た大学戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
日本の頭脳調べ(――特に自然科学者に就て――)戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
友情に関係あるエッセイ戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
学界の純粋支持者として戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
唯物論とファッシズム戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
啓蒙の現代的意味と役割とについて戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
日本文化の特殊性戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
『唯研ニュース』戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
獄中通信戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
〔付〕唯物論研究に就て(戸坂潤手記)戸坂潤全集 別巻1979(昭和54)年11月20日
思想動員論戸坂潤全集 第五巻1967(昭和42)年2月15日
社大党はファッショ化したか?戸坂潤全集 第五巻1967(昭和42)年2月15日
戦争ジャーナリスト論戸坂潤全集 第五巻1967(昭和42)年2月15日
挙国一致体制と国民生活戸坂潤全集 第五巻1967(昭和42)年2月15日
近衛内閣の常識性戸坂潤全集 第五巻1967(昭和42)年2月15日
一九三七年を送る日本戸坂潤全集 第五巻1967(昭和42)年2月15日
文芸評論の方法について戸坂潤全集第四巻1966(昭和41)年7月20日
所謂批評の「科学性」についての考察戸坂潤全集第四巻1966(昭和41)年7月20日
認識論としての文芸学戸坂潤全集第四巻1966(昭和41)年7月20日
日本の民衆と「日本的なるもの」戸坂潤全集第四巻1966(昭和41)年7月20日