『中里介山』の作品一覧

中里 介山(なかざと かいざん、男性、1885年(明治18年)4月4日 - 1944年(昭和19年)4月28日)は、日本の小説家。本名は、中里 弥之助。 甥に、ロシア・ソビエト文学者の中里迪弥(なかざとみちや)。 神奈川県西多摩郡羽村(現在の東京都羽村市)に精米業者の次男として生まれる。玉川上水の取水堰にほど近い多摩川畔の水車小屋で生まれたと伝えられる。生家は自由民権運動で三多摩壮士と呼ばれた人びとの根拠地で、民権運動の気風が色濃く残る土地であった。 長兄は早世しており、少年時代に農家であったが、父の代で離農したため土地を失い、不遇の時代を過ごした。1898年(明治31年)西多摩尋常高等小学校を卒業後に上京し、日本橋浪花電話交換局での電話交換手や母校の代用教員の職に就き、一家を支えた。この時期に松村介石に傾倒し、号の「介山」も松村にあやかるものだという。 『平家物語』などの日本古典に親しむ一方で、ユゴーらの外国小説も好んだという。また、キリスト教や社会主義に接近し、幸徳秋水や堺利彦、内村鑑三、山口孤剣らの社会主義者と親交を結び、「平民新聞」へ寄稿する。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
大菩薩峠(01 甲源一刀流の巻)大菩薩峠11994(平成6)年12月4日
大菩薩峠(13 如法闇夜の巻)大菩薩峠41996(平成8)年1月24日第1刷発行
大菩薩峠(15 慢心和尚の巻)大菩薩峠41996(平成8)年1月24日第1刷発行
大菩薩峠(18 安房の国の巻)大菩薩峠51996(平成8)年2月22日
大菩薩峠(21 無明の巻)大菩薩峠71996(平成8)年3月21日
大菩薩峠(02 鈴鹿山の巻)大菩薩峠11995(平成7)年12月4日
大菩薩峠(03 壬生と島原の巻 )大菩薩峠11995(平成7)年12月4日
大菩薩峠(04 三輪の神杉の巻)大菩薩峠11995(平成7)年12月4日
大菩薩峠(05 龍神の巻)大菩薩峠21995(平成7)年12月4日
大菩薩峠(06 間の山の巻)大菩薩峠21995(平成7)年12月4日
大菩薩峠(07 東海道の巻)大菩薩峠21995(平成7)年12月4日
大菩薩峠(08 白根山の巻)大菩薩峠21995(平成7)年12月4日
大菩薩峠(09 女子と小人の巻)大菩薩峠31996(平成8)年1月24日
大菩薩峠(10 市中騒動の巻)大菩薩峠31996(平成8)年1月24日
大菩薩峠(11 駒井能登守の巻)大菩薩峠31996(平成8)年1月24日
大菩薩峠(12 伯耆の安綱の巻)大菩薩峠31996(平成8)年1月24日
大菩薩峠(25 みちりやの巻)大菩薩峠101996(平成8)年4月24日
大菩薩峠(27 鈴慕の巻)大菩薩峠111996(平成8)年5月23日
大菩薩峠(29 年魚市の巻)大菩薩峠111996(平成8)年5月23日
大菩薩峠(31 勿来の巻)大菩薩峠131996(平成8)年6月24日
大菩薩峠(32 弁信の巻)大菩薩峠131996(平成8)年6月24日
大菩薩峠(22 白骨の巻)大菩薩峠71996(平成8)年3月21日
大菩薩峠(24 流転の巻)大菩薩峠91996(平成8)年4月24日
大菩薩峠(33 不破の関の巻)大菩薩峠141996(平成8)年6月24日
大菩薩峠(36 新月の巻)大菩薩峠161996(平成8)年7月24日
大菩薩峠(37 恐山の巻)大菩薩峠171996(平成8)年8月22日
大菩薩峠(38 農奴の巻)大菩薩峠181996(平成8)年8月22日
大菩薩峠(39 京の夢おう坂の夢の巻)大菩薩峠191996(平成8)年9月24日
大菩薩峠(40 山科の巻)大菩薩峠191996(平成8)年9月24日
大菩薩峠(14 お銀様の巻)大菩薩峠41996(平成8)年1月24日第1刷発行
大菩薩峠(16 道庵と鯔八の巻)大菩薩峠51996(平成8)年2月22日
大菩薩峠(17 黒業白業の巻)大菩薩峠51996(平成8)年2月22日
大菩薩峠(19 小名路の巻)大菩薩峠61996(平成8)年2月22日
大菩薩峠(20 禹門三級の巻)大菩薩峠61996(平成8)年2月22日
大菩薩峠(23 他生の巻)大菩薩峠81996(平成8)年3月21日
大菩薩峠(26 めいろの巻)大菩薩峠101996(平成8)年4月24日
大菩薩峠(28 Oceanの巻)大菩薩峠111996(平成8)年5月23日
大菩薩峠(30 畜生谷の巻)大菩薩峠121996(平成8)年5月23日
大菩薩峠(34 白雲の巻)大菩薩峠151996(平成8)年7月24日
大菩薩峠(35 胆吹の巻)大菩薩峠161996(平成8)年7月24日
大菩薩峠(41 椰子林の巻)大菩薩峠201996(平成8)年9月24日
百姓弥之助の話(01 第一冊 植民地の巻)中里介山全集第十九巻1972(昭和47)年1月30日
武州喜多院日本随筆紀行第五巻 関東 風吹き騒ぐ平原で1987(昭和62)年10月10日
「峠」という字中里介山全集第二十巻1972(昭和47)年7月30日
生前身後の事中里介山全集第二十巻1972(昭和47)年7月30日
余は大衆作家にあらず中里介山全集第二十巻1972(昭和47)年7月30日
山道山の旅 大正・昭和篇2003(平成15)年11月14日
法然行伝中里介山全集第十五巻1971(昭和46)年8月30日