『内藤湖南』の作品一覧

内藤 湖南(ないとう こなん、1866年8月27日(慶応2年7月18日) - 1934年(昭和9年)6月26日)は日本の東洋史学者。名は虎次郎。字は炳卿(へいけい)。湖南は号。別号に黒頭尊者。白鳥庫吉と共に戦前を代表する東洋学者であり、戦前の邪馬台国論争、中国に於ける時代区分論争などで学会を二分した。 生涯 上京まで 1866年 (慶応年間)陸奥国毛馬内村(けまないむら、現・秋田県鹿角市)にて、南部藩士・内藤調一(1832年 - 1908年。号は十湾)と容子の次男として生まれる。父・十湾は折衷学派に属していた。 13歳時で頼山陽『日本外史』を通読したという。 1884年(明治17年) 秋田師範学校を卒業して、綴子(つづれこ)小学校の主席訓導(実質的には校長)となる。 1887年(明治20年)に上京する。 京都帝国大学教授就任まで 1887年(明治20年) 仏教雑誌「明教新誌」の記者(主管は大内青巒)。(その後「三河新聞」や雑誌「日本人」、「大阪朝日新聞」、「台湾日報」、「万朝報」などの編集で名を馳せた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
支那の書目に就いて内藤湖南全集 第十二巻1970(昭和45)年6月25日
文溯閣の四庫全書内藤湖南全集 第十二巻1970(昭和45)年6月25日
応仁の乱に就て内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
大阪の町人学者富永仲基内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
概括的唐宋時代観内藤湖南全集 第八巻1969(昭和44)年8月20日
尚書稽疑内藤湖南全集 第七巻1970(昭和45)年2月25日
支那歴史的思想の起源内藤湖南全集 第十一巻1969(昭和44)年11月30日
聖徳太子内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
章学誠の史学内藤湖南全集 第十一巻1969(昭和44)年11月30日
近畿地方に於ける神社内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
弘法大師の文芸内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
近代支那の文化生活内藤湖南全集 第八巻1969(昭和44)年8月20日
蔵書家の話内藤湖南全集 第十二巻1970(昭和45)年6月25日
支那に於ける史の起源内藤湖南全集 第七巻1970(昭和45)年2月25日
支那古典学の研究法に就きて内藤湖南全集 第七巻1970(昭和45)年2月25日
禹貢製作の時代内藤湖南全集 第七巻1970(昭和45)年2月25日
爾雅の新研究内藤湖南全集 第七巻1970(昭和45)年2月25日
支那目録学内藤湖南全集 第十二巻1970(昭和45)年6月25日
日本文化とは何ぞや(其一)内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
日本文化とは何ぞや(其二)内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
日本上古の状態内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
易疑内藤湖南全集 第七巻1970(昭和45)年2月25日
日本文化の独立内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
大阪の町人と学問内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
維新史の資料に就て内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
学変臆説内藤湖南全集 第一巻1970(昭和45)年9月15日
日本の肖像画と鎌倉時代内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
寧楽内藤湖南全集 第一巻1970(昭和45)年9月15日
平安朝時代の漢文学内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
敬首和尚の典籍概見内藤湖南全集 第十二巻1970(昭和45)年6月25日
日本国民の文化的素質内藤湖南全集 第九巻1969(昭和44)年4月10日
染織に関する文献の研究内藤湖南全集 第八卷1969(昭和44)年8月20日
北派の書論内藤湖南全集 第八卷1969(昭和44)年8月20日
卑弥呼考内藤湖南全集 第七巻1969(昭和44)年8月20日
女真種族の同源伝説内藤湖南全集 第八卷1969(昭和44)年8月20日
支那史学史概要(――史記より清初まで――)内藤湖南全集 第十一卷1969(昭和44)年11月30日