『野口雨情』の作品一覧

野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 - 1945年(昭和20年)1月27日、本名・英吉)は、詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた。 生涯 廻船問屋を営む名家(楠木正季が先祖と伝えられているが不明)の長男として茨城県多賀郡磯原町(現・北茨城市)に生まれる。父・量平、母・てる。 4年制小学校・4年制高等小学校を終了後上京。東京専門学校(現・早稲田大学)に入学し、坪内逍遥に師事するが、1年余りで中退、詩作を始める。このとき1901年、英吉19歳。 父の事業失敗と死により、1904年、故郷に帰り、家督を継ぐ。このとき、家の没落をふせぐために、家族(つまり亡父や親族)から、栃木県の資産家の娘との政略結婚をお膳立てされており、英吉は同い年(23歳)の高塩ひろと結婚するが、もともと気の進まない話で、後年、破綻する。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
女王日本の名随筆50 歌1986(昭和61)年12月25日
十五夜お月さん定本 野口雨情 第三巻1986(昭和61)年3月25日
青い眼の人形定本 野口雨情 第三巻1986(昭和61)年3月25日
小川芋銭先生と私ふるさと文学館 第九巻【茨城】1995(平成7)3月15日
子供に化けた狐定本 野口雨情 第六巻1986(昭和62)年9月25日
石川啄木と小奴定本 野口雨情 第六巻1986(昭和61)年9月25日
仲のわるい姉妹定本 野口雨情 第六巻1986(昭和62)年9月25日
虹の橋定本 野口雨情 第六巻1986(昭和62)年9月25日
大利根八十里を遡る定本 野口雨情 第六巻1986(昭和61)年9月25日
黄金の甕定本 野口雨情 第六巻1986(昭和61)年9月25日
札幌時代の石川啄木定本 野口雨情 第六巻1986(昭和62)年9月25日
つね子さんと兎定本 野口雨情 第六巻1986(昭和62)年9月25日
少女と海鬼灯定本 野口雨情 第六巻1986(昭和62)年9月25日
枯草定本 野口雨情 第一巻1985(昭和60)年11月20日
都会と田園定本 野口雨情 第一巻1985(昭和60)年11月20日
別後定本 野口雨情 第一巻1985(昭和60)年11月20日
雨情民謡百篇定本 野口雨情 第一巻1985(昭和60)年11月20日
おさんだいしよさま定本 野口雨情 第一巻1985(昭和60)年11月20日
極楽とんぼ定本 野口雨情 第一巻1985(昭和60)年11月20日
沙上の夢定本 野口雨情 第一巻1985(昭和60)年11月20日
のきばすずめ定本 野口雨情 第一巻1985(昭和60)年11月20日
野口雨情民謡叢書 第一篇定本 野口雨情 第一巻1985(昭和60)年11月20日
朝おき雀定本 野口雨情 第三巻1986(昭和61)年3月25日
蛍の灯台定本 野口雨情 第三巻1986(昭和61)年3月25日