『野呂栄太郎』の作品一覧

野呂 榮太郎(のろ えいたろう、1900年(明治33年)4月30日 - 1934年(昭和9年)2月19日)は日本の在野のマルクス経済学者で、戦前の非合法政党時代の日本共産党の理論的指導者の一人であるとともに、幹部(委員長)として党を指導するなど、実践活動にも関わった。 生涯 北海道長沼町に生まれ育ち、旧制北海中学(現北海高等学校)から慶應義塾大学理財科(現在の経済学部)に進む。少年時代は野球のスコアラーを勤めたが、小学2年で関節炎のため片足を切断した。彼が北海中学、慶應義塾大学に入学したのは、片足切断という障害のために公立中学・官立高校には入学を認められなかったからである。北海中学では、秀才として知られ、北海タイムスに卒業時に記事が載るほどであったが、札幌一中(現札幌南高等学校)には、2年連続で不合格となっている。 大学在学中は向井鹿松のゼミで学ぶ。後述する小泉信三の授業も受けており、同時期に猪俣津南雄の下でも研究を行う。その傍ら先輩に当たる野坂参三の設立した産業労働調査所を手伝い、社会科学研究・革命運動に参加し、日本学生連合の関東代表委員を務めるなどした。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
名人上手に聴く野呂栄太郎全集 下巻1994(平成6)年12月5日
十月革命と婦人の解放野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
進むべき道野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
『日本資本主義発達史講座』趣意書野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
岩波茂雄宛書簡(01 一九三一年八月十七日)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
岩波茂雄宛書簡(02 一九三一年九月二十一日)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
加藤正宛書簡(一九三三年三月十三日)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
平野義太郎宛書簡(01 一九三一年九月二十日)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
平野義太郎宛書簡(02 一九三一年十二月二十四日)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
平野義太郎宛書簡(06 一九三二年六月六日)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
平野義太郎宛書簡(05 一九三二年五月二十三日)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
平野義太郎宛書簡(04 一九三二年四月三十日)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
平野義太郎宛書簡(07 一九三二年九月八日)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
平野義太郎宛書簡(03 一九三二年二月二十六日)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
平野義太郎宛書簡(08 一九三三年三月)野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
三田社会科学研究会野呂栄太郎全集 下1994(平成6)年12月5日
三田社会科学研究会報告野呂栄太郎全集 下巻1994(平成6)年12月5日