『浜尾四郎』の作品一覧

『濱尾四郎』より : 濱尾 四郎(はまお しろう、1896年4月24日 - 1935年10月29日)は、日本の弁護士、探偵小説家。子爵。貴族院議員。戦後の版では「浜尾四郎」表記が一般的である。 1896年4月24日 、東京市麹町区に男爵で医学博士の加藤照麿の四男として生まれる。 1909年(明治42年)、東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。 1914年(大正3年)、東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。 1917年(大正6年)、第一高等学校卒業。 1918年(大正7年)、東京帝大に入学。子爵枢密院議長にして元東大総長・文部大臣の濱尾新子爵の娘・操と結婚、養子となる。 1923年(大正12年)、 東京帝国大学法学部卒業。演劇と犯罪心理を分析した研究書を多数著す。 1924年(大正13年)、東京区裁判所検事代理を命ぜらる。この時期、探偵雑誌『新青年』(博文館)の依頼で『落語と犯罪』、『犯罪落語考』などのエッセイを発表。 1925年(大正14年)、子爵を襲爵する。検事に任ぜられ、東京地方裁判所兼東京区裁判所検事局勤務。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
夢の殺人日本探偵小説全集5 浜尾四郎集1985(昭和60)年3月29日
殺された天一坊日本探偵小説全集5 浜尾四郎集1985(昭和60)年3月29日
彼は誰を殺したか日本探偵小説全集5 浜尾四郎集1985(昭和60)年3月29日
途上の犯人日本探偵小説全集5 浜尾四郎集1985(昭和60)年3月29日
殺人鬼殺人鬼1955年(昭和30)年4月30日
黄昏の告白新青年傑作選第一巻(新装版)1991(平成3)年6月10日
殺人狂の話((欧米犯罪実話))「探偵」傑作選 幻の探偵雑誌92002(平成14)年1月20日
殺人迷路(08 (連作探偵小説第八回))「探偵クラブ」傑作選 幻の探偵雑誌82001(平成13)年12月20日
悪魔の弟子日本探偵小説全集5 浜尾四郎集1985(昭和60)年3月29日
彼が殺したか日本探偵小説全集5 浜尾四郎集1985(昭和60)年3月29日
死者の権利日本探偵小説全集5 浜尾四郎集1985(昭和60)年3月29日
正義「新青年」傑作選 幻の探偵雑誌102002(平成14)年2月20日